僕たちにとって大切な「お金の本質」は、全部斎藤一人さんが教えてくれた!

お金の真理 大富豪が教える「お金に好かれる5つの法則」

お金の真理 [ 斎藤一人 ]

価格:1,728円
(2016/6/24 00:31時点)


思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザー・テレサ。

僕の好きな名言です。

普段から酷い環境に囲まれて生活していると感じてたら、それは必ず愚痴になります。愚痴っぽい性格の人間は、主体的な人生を送るのをやめ、周囲の一挙一動に「反応して」愚痴をこぼします。

また、愚痴をこぼすのが習慣になると、同じように愚痴をこぼす人間ばかりを周囲に集めてしまい、それが当たり前の日常となります。すると、表情は常に不満顔か、あるいは人の揚げ足を取る人間特有の、下卑た笑顔が出来上がります。

しかし悪口というのは麻薬のようなものです。言えば言うほど自分に跳ね返ってきます。愚痴っぽい人の人生は、他人に嫌われる人生となるでしょう。

何がいけなかったのでしょうか?

人は皆、環境によって人格が決まるわけではありません。頭の中に吹き荒れる思考の嵐から、人格が出来上がります。頭の中が愚痴や不満でいっぱいであれば、その人は愚痴や不満でいっぱいの人生を送るしかないのです。

なぜ今日、僕が思考の話をしたか?

お金持ちになる人の頭の中には、お金持ちになるだけの思考のあるということを、あなたに伝えたかったからです。お金持ちになりたいなら、お金の本質が頭の中に流れていなければなりません。それを教えてくれるのが、本書「お金の真理 斎藤一人著」となります。

僕らの心を打つ忍耐の話

shared-img-thumb-N811_danberu_TP_V-1024x627

あなたは自分自身にお金をプレゼントしたことがありますか?こう聞かれると、ほとんどの人は「???」となると思います。

自分にお金をプレゼントする、というのは変わった表現です。自分のお金は自分のものなのですから、自分にプレゼントするまでもなく、最初から自分のものなのです。普通なら「お金を貯める」と表現するでしょう。

しかし、斎藤一人は「お金を貯める」ことを「自分にお金をあげる」と表現します。

居酒屋で飲んだりバッグを買ったりするのは、お店にお金をあげる行為であり、自分が稼いだお金をすべて使わずに収入の1割を自分に与えることが、お金持ちになる第一歩だと表現しています。そして、自分に与えた1割のお金を財布に入れておくことを提言しています。

なぜでしょう?使ってしまいたくなるのではないか?あなたはそう感じるでしょうが、斎藤一人はこう言います。

「持っていると使っちゃう」という人は、”忍耐”が足りない証拠です。だからそこで「持っていても使わない」という忍耐を養うのです。

そう。使いたいお金を使わずに我慢することによって、「忍耐力」という一つの力を養うのです。

学力が高い賢い人間がお金持ちになるのではなく、腕力の強い腕っ節の強い人間がお金持ちになるのではありません。使いたいお金を使わない忍耐力を養う人間が、お金持ちになるのです。斎藤一人はこのことを、器量が試されているといいます。

人は器量以上のお金を持つことができない。宝くじが当選したり臨時収入が入ったりしてもすぐに散財してしまうのは、お金を持つ器量がないからだと断言します。

話はそれますが、お金持ちになる器量を持つ具体的な方法を知りたいのなら、金持ち父さん貧乏父さんから学ぶ、5年以内にアフィリエイトで資産を構築する方法をオススメします。

また、人の器量の話を、僕なりにイメージしやすくするために、図にしてみました。下図をみてください。

utuwa

お金という名の滝が流れてきたとします。

それを受け止める器が小さければ、それだけの水しか受け取れません。大きな器があれば、より多くの水を受け取れます。

このお金の滝の源泉が、「宝くじ」であり「一発屋のお笑い芸人」であり「偶然思いついたヒット商品の特許収入」であるわけです。そのお金の滝から水が湧いている間は贅沢を謳歌できますが、その源泉から水が湧かなくなると、器の分しか水が残りません。

一時的にお金持ちになるのではなく、お金を持ち続けるために、自分という器を大きくすることが大事なのです。

お金持ちになることと何かを天秤にかけてはいけない

UNI16040516IMG_0017_TP_V

もう一つ、あなたにお伝えしておきたい考え方があります。それは「お金がない自分」を正当化してはいけない、ということです。

世間ではお金が大量にある人とお金があまりない人が混在するのがおかしいと考え、「貧富の差はなくせ」という考えを持っている人がいるが、それなら学校で「いい点数を取ったら、悪い子に点数を分けてあげればいい」とは言わないと、斎藤一人は指摘します。お金持ちの人は、そのための努力をしたからお金持ちになれたのに、「お金持ちは悪だ」みたいなことを言うのはおかしいんだよ、と指摘します。

これは、「金持ち父さん貧乏父さん」でも、指摘されていることですね。

貧乏父さんは、「金持ちは困っている人を助けるためにもっと税金を払うべきだ」と考えています。金持ち父さんは「税金は生産する者を罰し、生産しない者に褒美をやるためのものだ」と考えています。

お金持ちは何らかの富を生産するために努力し、富を提供するために努力し、その対価としてお金を受け取っています。誰かから資産を受け継いだ運の良い人でない限り、お金持ちは世の中に価値のあるものを提供している善人なんです。

そうやってお金を持っていない人間を追い詰めると、しまいには以下のように言います。

  • お金があっても、体が健康じゃないと何もならない
  • お金よりも友情が大事だ

このような言い訳で、まだまだお金を持っていない自分を正当化します。いいですか?お金持ちになりたいあなたは、絶対にこんなことを言ってはいけません。

無農薬野菜やフルーツ中心の生活を送ろうとしたら、驚くほどお金がかかりますし、医療だって予防医療だってお金があったほうが、より効果的なものが期待できます。お金持ちのほうがよほど健康なのです。

お金よりも友情が大事だとか、お金よりも家族が大事だとか言いますが、そもそもお金持ちになることと家族や友人と幸せに暮らすことは二者択一ではありません。

お金持ちになったうえで、家族や友人と幸せに暮らせばよいのです。

わかりましたか?二度とお金がない自分を正当化するのはやめろぉっ!!!!!

汚いお金の使い方をする人間が汚いだけであって、お金自体は汚くありません。心に刻んでください。

終わりに

このほかにも、様々なお金の本質が、この一冊から得られます。目が覚めたまま、目が覚めるような経験がしたいのであればお勧めの一冊です。

しかも、斎藤一人さんの本って、文字が大きくて、小学生にも分かるような日本語で書かれているので、スラスラっと読めて、読後感も凄くスッキリするのですよ。

人間として一段上に登ったと思わせるような一冊であり、毎度毎度上手だなぁと、ヤマダは思うのでした。

また、お金持ちになりたいなら、自分のビジネスを所有するのが近道です。労働者として一生懸命働いていても、努力が資産にならないからです。

一方、副業であろうが一人ビジネスであろうが、自分のビジネスを所有すると、生み出した資産がすべて自分のものになります。世の中の大半のお金持ちは、自分のビジネスを所有して、儲かる仕組みを創り出した人たちなんです!

そのためのノウハウを得たいなら、次世代起業家育成セミナーを受講するのが最高の選択肢です。

一攫千金ではなく、小さくても確実に儲かる仕組みの作り方を学ぶことができます。

管理人ヤマダによる、次世代起業家セミナーを視聴した感想と分析を知りたい方はこちらをクリック

数年の努力・サラリーマンより少ない作業時間で、サラリーマンを上回る収入を得ることができる、次世代起業家育成セミナーの詳細はこちらをクリック

ps.
なぜ労働者はお金持ちになれず事業家がお金持ちになれるのかを端的に解説した記事を用意しています。

なぜビジネスオーナーはお金持ちで、あなたの家計は火の車なのか

よければ参考にしてください。お金に困る人生から卒業したいのであれば絶対に!

成功思考を手に入れる

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------