これ読んで楽になろ![自分を嫌うな(加藤 諦三)]

 

人の精神を分析した本は、大きく2種類に分けられると思います。

1つは、あくまで「分析」を行い、どのような精神かを研究するもの。

もう1つは、傷ついた心を癒したり、過去のトラウマを克服するもの。

本書は後者であり、現代社会に振り回された人間にとってのオアシスのような本になります。

いい人であればあるほど、自分を責める。

息苦しさを感じる。

人間関係に悩む。

努力しようともがき苦しむ。

そんな人に対して、「もうこれからは自分を責めなくてもいいんですよ」と話かけてくれるのが本書です。

自分を嫌ったことがある人になら必ず理解できる、明言の数々

本日は、私が本書から得られた明言の数々をあなたに紹介したいと思います。

名言と書かずに明言と書いたのは、わざとです(笑)

ファッっとした気分になる、目が覚めたまま目が覚めるような気分になれる言葉です。

●虚勢というのは、自信喪失や恐怖を抑圧している時の態度である。

●「ずるさは弱さに敏感である」とある人がいっていたが、それは、ずるい人間が弱い人間であるからであろう。同質のものには敏感なのである。自分にもある弱点であるがゆえに、相手の弱点はすぐに見抜ける。

●悪意に満ちた人の眼ばかり気にしていると、結局、好意的な人とつきあう機会を逃してしまう。そして、悪意に満ちた人に対して、”理想の自分”を見せるよう、無意味な努力をはじめたりする。

●世の中には、”ありのままの自分”を見せることを極端に恐れている人がいる。
そういう人は、今まで悪意の人にかこまれて生きてきたのである。

●他人を傷つけようとしている悪意の人というのは、その人自身が欲求不満なのである。その人自身、他人から悪く思われることを恐れて、自分がやりたいことをやらないできた人なのである。
他人を傷つけることで自分の欲求不満を解消しようとしているのである。

●何かを抑圧して生きている人は、まず自分が何を抑圧しているかをはっきりさせ、一日もはやくその抑圧をやめることである。

●人間が本来もっている向上心と、前うつ病患者がもっている自己への高すぎる要求水準とは、まったく異質のものである。

 

どうでしょう?

正確に精神分析をしているというよりは、哲学者の名言を読んでいる気分に私はなりました。

適当に抜粋したので、その一文だけでは何が言いたいのかわからないかもしれません。

前後の文脈を知りたければ、本書を手にとってください。

今日から、自分らしい人生を送ることができますよ!

自分を嫌うな [ 加藤諦三 ]

感想(4件)

 

 

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------