新たな収入の柱を立てる前に身につけておきたいただ1つの習慣

このブログをみているあなたは、収入をより増やしたいと考えているはずです。

では、なぜ収入を増やしたいのでしょう?

収入を増やしたい理由を具体的に言えば、

・モテたい
・見返したい
・楽したい

のような理由が挙がるのでしょうが、よりすべての人に共通した言い方をすれば

「今の収入では足りないから、収入を増やしたい。」

そう考えているはずですね。

もし収入は足りてるなら、収入を増やしたいとは思わないはずです。

今日は、収入を増やしたいと考えるこのブログの読者に私がどうしても伝えたいこと。

それは

「収入は足りてると思ってください」。

ということ。

もう一度いいます。

「収入は足りてると思ってください。」

……………………………。

……………………………。

「………、え?どういうこと?新たな収入の柱作り出せって言ってたんお前やん!頭ボケたんかいな」

このブログの読者は皆さん賢いので、私の支離滅裂な主張を的確に指摘してくるようです。

私もこのままでは終われません。

収入が足りてると思わなければならない理由を説明させてください。

あなたは子供の頃から、あと少しだけお金があればと感じていませんでしたか?

あなたが子供のころ、自分でお金を稼ぐ力はありませんでした。

高校生未満は、働くこと自体が法律で禁止されているわけです。

ですからほとんどの収入源が、お小遣いやお年玉になるわけですが、

「もっといっぱいお金があれば、ゲームも買い放題だし、貯金も出来るはずなのになぁ」

管理人はそう考えていました。

しかし大人になり、何十万というお金を稼ぎ出せるようになった後も、不思議なことに

「収入があと5万円ほどあれば、どれだけ楽な生活ができるのだろう。」

そんなことを考えていました。

子供時代より、自由に使える金額もはるかに増えているはずなのに相変わらずお金は足りないのです。

20万稼ぐ人からみれば、30万稼ぐ人のことを羨ましく感じます。

しかし、30万稼ぐ人から見れば自分も決して生活に余裕がなく、50万稼ぐことができればどれだけ貯金ができるだろうと考えているものなのです。

この現象にゴールはあるのでしょうか?

さすがに大富豪になれれば、足りないと思うことがないだろうと思うあなた!

基本的には、人は自分と同じぐらいの収入の人と仲良くなります。

仲良しの5人組で、収入の平均を取れば、自分の収入になる話もあります。

「あいつのプライベートジェットは中古だろ?なら俺は新品だ!!」

今のままあなたが大富豪になったら、こんなギャグみたいな台詞を吐かないとも言い切れません。

我々の本当の問題点。

それは、収入が多い少ないといったところ以前の話です。

我々の本当の問題点。

それは、自分の稼いだ額のお金にコントロールされた人生を送っていることだったんです。

自分が何にお金を使っているのか正確に把握し、毎月の収支を意地でも黒字にしてください。

お金を増やす方法は3つあります。

1.収入を増やす。
2.支出を減らす。
3.運用で儲ける。

この3つしかありません。

収入を増やす、これは不確定なことも多いです。
いくら会社で仕事を頑張っても、会社自体が赤字ならあなたの給料は減らされるかもしれません。
運用で儲ける。
株やFXで儲けるのは、ここに属すると思いますが、ぼろ儲けしたという話を聞く一方、資産を大きく減らしたという話も枚挙に暇がありません。

でも、支出を減らす。
これは誰にでも出来ることです。

どのような収入の方であっても、1円も無駄遣いをしていない人間。

そのような人間はいません。

自分の使ったお金を正確に把握し、支出を減らすことを意識することにより、稼いだお金の額にコントロールされる人生から卒業することができます。

お金が「足りた」という実感が得られれば、稼いだお金をコントロールする人生に生まれ変わります。

その生活習慣を身につけることが出来れば、あなたは収入に応じて貯金が増える人生を送ることができるでしょう。

本日は以上です。

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------