「楽して稼ぎたい」ではなく「楽させて稼ぎたい」と思うとビジネスで成功できる

「楽して稼ぎたい」という人は世の中に大勢います。日本は、違法労働がサービス残業という言葉でまかり通っている国なので、苦労している労働者が多いからです。

しかし、世の中にはそうそう美味しい話などありません。楽して稼げる話があるのなら自分一人で独占するのが当たり前であり、自分のところにそういった話が回ってきた時点で「なぜ彼は自分に美味しい話を持ち掛けてきたのか?」を考えるべきです。

そう考えると、何のコネもなく価値を提供できない自分に儲け話が回ってきた時点で詐欺だということに気がつくはずです。

たしかに世の中には「楽して稼ぐ人」が少数ながらいます。しかし「苦労して稼ぐ人」の方が圧倒的に多いです。

ビジネスで成果を上げている人なら知っていることですが「苦労して稼ぐ人」が価値提供の仕組みを自動化したとき「楽して稼ぐ人」に変わります。ですから、まずは稼ぐ人になることが大事です。

そして、稼ぐ人にはある共通点があります。

楽して稼ぎたいと考えてしまったあなたに覚えておいてほしいこと

世の中の多数派は自分のことばかり考えている

  • どうしたら自分の成績は上がるのだろう
  • どうしたら自分の給料は上がるのだろう
  • どうしたら自分の生活はもっと良くなるだろう

人の頭の中を分析すると、たいていの場合、自分のことで頭がいっぱいになっています。日々、自分が生きていくだけでも精一杯なので、他人に気遣う余裕がないのです。

例えば、塾に通う子どもたちも、ほとんどが自分の成績を上げるために塾に通っています。大人も同じで、意識の低い労働者は自分の生活のためだけに職場に通勤しています。

なんて自分勝手な世の中なんだと思いますが、それでも世界は回っているのです。こんな世界にあなたが絶望してしまう前に、自己中の人々が幅を利かせるこの世界で、稼ぐ人たちは別のことを考えているのです。

稼ぐ人は相手のことばかり考えている

稼ぐ人の共通点。それはずばり「相手のことを考えること」なんです。単純な話なのですが、ほとんどの人間が自分のことしか考えていないということは、相手のことを考えて行動できる人間はそれだけで貴重な存在なんです。

  • どうしたら相手の成績は上がるのだろう
  • どうしたら相手の給料は上がるのだろう
  • どうしたら相手の生活はもっと良くなるだろう

それを考え、相手に有益な情報を与える。それだけで相手はあなたに感謝し、対価として何かを返そうとしてきます。

例えば、あなたが「無駄遣いを減らす方法」を友人に教えたとします。その方法で友人が無駄遣いを減らすことに成功すると、あなたに感謝します。

その後、お礼として焼き肉をおごってくれる可能性は0ではありません。(焼き肉をおごるという行為は、友人と楽しいひと時を過ごすための大切な時間であり、無駄遣いではないということは、はじめに伝えておきましょう(笑) )

また、プログラマの友人が一日中座り仕事で激しい肩こりに悩まされているならば、ときどき指圧をしてあげる。そうやって相手の問題点を解決するという思考を身につけることができれば、あなたは同時にビジネスで成功する思考が身につくことになります。

他にも「成績の悪いたった一人の友達のために作った虎の巻」でも、それが有益であれば学年中が欲しがることでしょう。商才のある中学生なら、そこで一人50円ずつ徴収することもできるでしょう。(実際には、ガリ勉がヤンキーにプリント貸してって言われてなぜか拒否権がないのが中学校の常ですが笑)

また、あなたが価値を提供しているのにも関わらず、感謝もなければお返しもなく、無償で価値を受け取るのが当たり前だと考える人はときどきいます。自分から見返りを求めるのはあまり上品ではありませんが、そのような人とは徐々に関係を見直すのが得策です。

あなたの貴重な時間と労力が失われるからです。

 

ビジネスというのは、顧客に対して何らかの価値を与えその対価としてお金を受け取るのが原理原則です。

自分が楽したいということばかり考えていると、他人を犠牲にする人生になるし人望もつかめません。反対に、「世の中の問題点を取り除く」「苦労している人を楽させる」といったことを常に考えていると、世の中にはびこる不満がビジネスチャンスになります。

世界は大人のディズニーランド 僕たちは清掃員

こうまで言ってもまだ僕の主張に納得できない人もいるでしょう。ならばこう考えてはいかがでしょうか?

「家の外にでると、そこは大人のディズニーランド。ディスニーランドでは清掃員まで教育を徹底されており、パフォーマンスしなければならない。そして僕はこの大人のディズニーランドの清掃員。もう一つの人格を演じきり、世の中の汚れを清掃してやる」

そう考えることによって、世の中の汚れ(問題点)を見つけ出すことができます。

例えば、インターネットの世界に「情報を発信したいのに文章を書く時間がない」という問題を抱える社長がいたとします。その社長の問題を解決するために、あなたが良質な文章を書くことだってできるのです。すると、アッという間にお金が入り始めるのです。

世の中が腐っていたほうが、あなたが稼ぐチャンスが多いということです。ほら!今までとは世界が違って見えませんか?

人生を変えるポイント

自分が楽をするのではなく、相手を楽させる。

自分は、大人のディズニーランドの清掃員だと考える。

成功思考を手に入れる

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------