お金持ちになるための自己投資!「タダより高いものはない!」を真剣に考察する

無料は危険である

最近、何でも無料が当たり前になりました。一昔前であれば何か調べ物をしたいと思い立っても、最寄の図書館まで行かなければなりませんでした。それに、テレビやラジオのようなもので受身的に情報を得ることが多かったでしょう。

しかし、インターネットが登場してから、知りたいと思った情報はすぐに調べることができるようになりました。しかもインターネットの世界では無料の情報が大量に転がっています。

当ウェブサイトも無料で情報を提供していますし、「お金持ち」という単語で検索をかけると「お金持ちになるための方法」「お金持ちと貧乏人の違い」などの情報があふれています。

しかし、本来タダより恐ろしいものはありません。

もしあなたが真剣にビジネスを始めたいと思っている場合、無料だからといって貴重な時間を薄い情報を仕入れるのに使ってしまうと、お金を払わない代わりに、本来得られるはずだった利益を犠牲にしているのです。

今日は、社長や個人事業主に必要な自己投資の考え方をあなたにお伝えします。

会社員と事業主との圧倒的な違い

あなたが会社員であれば、30万円の教材を値段が高いと感じるはずです。しかし社長(個人事業主)であれば、30万円が高いと感じることがなくなります。それは社長が稼いでいるからでもなければ、金銭感覚が狂っているからでもありません。もちろん、会社員に勇気がないからでもありません。

自己投資の結果得られる報酬が、会社員と社長では全く違うのです。

会社員が30万円する教材を買った結果、ビジネススキルを向上させ、最終的に月収1万円の昇給を果たしたとしましょう。これは大変すばらしいことではありますが、30万円の自己投資を回収するのに2年以上かかります。また、自分自身がどれだけスキルを身につけても、会社全体が赤字であれば給与が増えづらいのが会社員の欠点です。

しかし、個人でビジネスを行っている場合は違います。

例えば、あなたがWebライターとして1文字1円で記事を執筆しているとしましょう。ここで、30万円払って文章スクールに通いスキルを磨いた結果、1文字2円で記事を執筆することが可能になったとします。

すると、15万文字書いた時点で、「15万文字 × 2円 = 30万円」を取り戻すことができ、その後は2倍以上のお金を稼ぎ続けることができます

今回の例であれば、数か月後には自己投資した分は回収できるでしょう。これが会社員と社長(個人事業主)の違いとなります。自分でビジネスを行うことによって、自己投資が利益と直結するのです。

あなたは価値を生産する工場

繰り返しになりますが、先ほどの例を抽象化すると以下のようになります。

yuuryoutousi

左が、無料情報を仕入れた場合のあなたです。たしかにお金は払わず情報を得ていますが、得られる情報は断片的な知識であり、自分の中でまとめるのに、時間がかかってしまいます。しかも無料なので、情報の質もばらつきがあります。

その後あなたが価値提供を始めた時、返ってくるお金が100,000円だとしましょう。

次に有料の情報(300,000円)に投資した結果、それに見合った知識を得ることができ、体系的にまとまった情報はあなたが優れた人間になるための時間を大幅に短縮します。その後あなたが価値提供を始めた時、返ってくるお金が1,000,000円だとしましょう。

たしかに始めに300,000円という痛い出費がありましたが、最終的に返ってきたお金は、1,000,000-300,000で、700,000円です。

これが、自己投資の基本的な考え方です。あなたは自分自身のことを価値生産工場だと考えるべきなのです。

質の良い材料でパーツを作れば、質の良い製品が出来上がり、多くのお金を受け取れます。質の悪い材料でパーツを作ると、粗悪な製品しか出来上がりません。

同じだけの時間を投資してこれら二つの生産活動を比較した場合、圧倒的に先に有料情報に投資したほうが、大きなリターンを得ることができるでしょう。

これが、無料の危険性です。あなたは一円もお金を払っていないのにもかかわらず、700,000-100,000=600,000円で、600,000円もの大金をドブに捨てているのです!!

チャンスを見逃してボケッと生きていていいのですか?あなたがおいしい食べ物や車に使うお金は消費であり、あなたのビジネスにはほとんど影響を与えません。

しかし、すぐれた情報に投資すれば、あなたは今まで以上に良質なアウトプットを提供することができ、それに見合った利益を必ず得ることができるでしょう!

ps.

あなたは人的資本という言葉を知っていますか?

投資関係の本を読んでいるとたまに出てくる言葉なのですが、たった100万円を年利5%で運用していても、5万円、つまりお小遣い程度にしか稼げないので、まずは自分自身に投資をして自分の価値を高め、稼ぐ力を身につける

自分の体が、お金を稼ぐための一番の資本なんですね。

その後、1億円の資産を形成できれば、そのお金を5%で運用できれば、年間500万円の不労所得が手に入ります。

楽に稼ぎたいと考えるとついつい株やFXなどのほうに走ってしまいがちなのがお金の魔力に魅せられた人間の常ですが、あなたがまだまだ若い場合、自分自身に投資することが一番「おいしい儲け話」なのかもしれませんね。

お金のリテラシー向上

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------