難しい仕事にチャレンジしたほうが人生得だと思いませんか?

世の中には二つの仕事がある

もしも自分の勤めている会社にたった二つの仕事しか存在しないとしたら?

僕は妄想癖があるので、いつもこんなことを考えています。

それ以外にも、もしも宇宙人がいたら?なんていう少年のようなことまでいつも考えています。

……話が脱線しました。

もしも自分の勤めている会社にたった二つの仕事しか存在しないとしたら?

  • 1つは簡単な仕事
  • もう一つは難しい仕事

受け取る報酬は同じ!

さぁ!あなたはどちらを選択しますか?

仕事に対する考え方を変えてみてはどうですか?

簡単な仕事を選択したあなた。

あなたの考え方はきっとこうでしょう。

「仕事でしんどい思いをしたくない。同じ給料であれば、楽をしてお金を稼ぎたい」

当たってますよね?

もちろんその考え方も間違ってはいませんし、すべての仕事が後々あなたのためになるわけではありませんから、「やる価値のないことは、うまくやる必要もない」と考え、徹底的に手を抜く考えも存在します。

一時的な楽さを求めるのなら、僕だって100%楽なほうを選択します。

しかし、あなたが天才ではない以上、あなたは死ぬまで仕事と向き合う可能性が高いでしょう。

そう考えた時、難しい仕事はたしかに苦しいですし、追い詰められてもう無理だと投げ出したくなるかもしれません。

しかし、その状況を耐え抜き、試行錯誤によってその状況を打破する経験を積めば、将来本当の意味で踏ん張らなければならない状況に陥った時、大きな力を発揮することができるようになるでしょう。

このブログを読んでいるあなたは、ビジネスの所有者になる、という目的を掲げていますよね?

最終的には自分のビジネスにシステム化を施し、自分がその場にいなくても自動的に収益が発生するシステムを創り出すことと思いますが、その過程で死ぬほど頑張らないといけない時期がやってくる可能性だってあるのです。

そうした状況下で、100%の力を発揮できる人間はどのような人間か?と考えた時、普段から100%の力を出す癖がついている人間なんですね。

普段から慣らし運転のような回転数でしか走っていない車が、突然レッドゾーンまで回転数を上げても、調子良く走ることはできません。

時々レッドゾーンに入れてやり、車の調子を整える必要があるのです。

あなたの体も同じといっても良いでしょう。

あなたがビジネスオーナーとして修羅場をくぐり抜けるためにも、普段から全力投球で仕事に取り組んでみてはいかがでしょうか?

終わりに

「早く業務時間が終わらないかなぁ…」

こんなことを考えていると、仕事は余計に疲れます。

こんな人の頭の中は、仕事は嫌々やるものであり、努力=苦しいもの、と考えているかもしれません。

もしあなたがそう考えているのなら、これからは考え方を改め、

学校の勉強はお金を払って学ぶものなのに、ビジネスの勉強はお金を貰って学ぶものだ!

と考えてみてはどうでしょうか?

おいしいですよね?

限られた時間内でどれだけのものが学べるのかを考えるようになりますし、与えられた仕事を全力でこなすようになりますし、より多くの仕事をこなすためにどうすればよいかを試行錯誤するようになります。

これからどんどん難易度の高い仕事に挑戦し、自分を高めましょう。

最近どんどん仕事が難しくなっている僕の、頭の中でした!

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------