人生を変えたい者に告ぐ:快適領域から脱出せよ!

 

世の中には現状に満足していない人が多いです。しかし、人生を変える行動に出る人は多くありません。

  • 本気を出してないだけ
  • 今は頑張れる状況ではない
  • 仕事が忙しい

このような意見で昨日と同じ行動を取り続けます。しかし、これでは人生を変えられません。

同じことを繰り返しながら、違う結果を望むこと、それを狂気という。

このような名言もあります。昨日と同じことをしていて、昨日と違う結果を求めるのは間違いです。

そこで今回は「人生を変える方法」を解説します。

そもそも今の人生から抜け出すのは異常なこと

人間には「快適領域」というものがあります。英語で「コンフォートゾーン」と呼ばれることも多いです。

これは、人が不安を感じることのない安心できる精神領域のことです。

この快適領域の存在が、人生を変えたいと考えるあなたの妨害をしてきます。というのも、人間は特別な理由がない限り「昨日と同じ仕事」「昨日と同じ人間関係」などの快適領域から出ようとしない習性があるからです。

快適領域から抜け出すことに人は不安を感じるので、人生を変えるために特別な行動が必要になります。集団から抜け出し成功することは、異常なことなのです。

自分はまだ本気を出していないだけと考えてはいけません。自分を変えるためには本気が必要なのです。

ここからは人生を変えるために快適領域から抜け出す方法を解説します。

1.人生を変えるためには、何が必要かを考える

まずはじめに、「人生を変えるために何をすればよいか?」を考えてください。

例えば、「早起きして、運営しているWebサイトの文章を書く」と行為は人生を好転させる行動です。朝の脳はキレイに片付いたデスクと同じ状態ですので、執筆活動が捗ることが脳科学でわかっています。

あるいは、「夜寝る前に読書をしてリラックスさせる」という行為も人生を好転させるでしょう。正しい本を選び、一日の終わりを読書で締めくくることで、汚れた心をリフレッシュすることができます。

しかし、何をやるかを決めるだけでは不十分です。なぜなら、昨日までと違うことをするのは、快適領域から抜け出す行為なので、続かないのです。

2.やるべきことを習慣化するための方法論を考える

そこで、人生を変えるためにやるべきことがはっきりした後は、「習慣化するための方法論を考えて実践する」必要があります。

例えば、早起きをして文章を書くと決めていても、実際には意志の力では早起きできない可能性があります。

そこで、「枕元に目覚ましを置くのではなく、部屋のドア付近に目覚ましをセットし、立ち上がらないと目覚ましが止まらないようにする」という方法論を考えるのです。これを実践すると、早起きを習慣化させやすい状況になります。

他にも、就寝前に読書をするなら、枕元に読むべき本を2〜3冊用意しておくことです。脳が活性化するような小説ではなく、読んでいて心が癒やされる自己啓発書などで心を整えるのが最善です。

このように、やるべきことだけを考えるのではなく、どうすれば無理なく習慣化できるかまで考えると、快適領域から抜け出せるのです。

まとめ

  1. 人間には快適領域が存在し、これが成功を阻む
  2. 人生を変えるために何をやるべきか考える
  3. やるべきことを無理なく実践できるような方法論を考えて習慣化する

昨日と同じことをしていたら、昨日と同じ自分のままです。最後にマクドナルドの経営者として有名なレイクロックの名言で本記事を締めくくりたいと思います。

Be daring, Be first, Be different

レイクロック

勇気を持って、誰よりも早く、人と違うことをする。一刻も早く、今までの安全圏から抜け出し、人より成功できる行動を取る。

これが人生を変える秘訣です!

成功思考を手に入れる

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------