コピーライティングのバイブル! [現代広告の心理技術101(ダイレクト出版書評)]

 

これからネットビジネスを始める人に、コピーライティングの習得を勧める際、必ずといっていいほど紹介される

現代広告の心理技術101」。

本書は、広告マンであっても100人に1人しかまともな知識を知らないと嘆く、ダイレクトレスポンス広告の第1人者、ドルー・エリック・ホイットマンが送る、消費者が商品を買わずにはいられなくするための、心に訴える心理技術を扱ったものです。

「セールスの達人は説得の達人である」

そう主張する著者が、時代に左右されない人類不変の消費者心理を解説し、また、著者の豊富な経験から効果が実証された販売テクニックを、読み手をパンクさせるほどに大量に紹介しています。

 

 本書を読み始めるとすぐに、衝撃を受ける概念が登場します

それは

「生命の8つの躍動(Life-Force8)」(以下LF8とする)

です。

人間の基本的な欲求を調査した研究者が発見したLF8。

人を消費行動に導く際、LF8の有無で売上に大きく影響している事実に間違いはありません。

以下が、LF8です。

1.○○残り、○○を楽しみ、○○○したい。

2.○○○、○○○を味わいたい。

3○○、○○、○○を免れたい。

4.○○に交わりたい。

5.○○に暮らしたい。

6.○○に勝り、○○○に遅れを取りたくない。

7.○する人を気遣い、守りたい。

8.○○的に認められたい。

どうでしょう?○○にはそれぞれ単語が入りますが、本書の肝であり、あまりにも強力な概念なので、さすがにブログでネタばらしすることはできません(笑)

また、本項の最後には、危険な名言が述べられています。

「人は感情で買い、論理で正当化する。基本的な欲求や要求に触れて、感情的に反応させるのだ!」

 

上記で説明した概念以外にも、様々なテクニックがこれでもかというほどこの1冊に盛り込まれています。

本書を読み終えた時、あなたはこう思うかもしれません。

「なんて腹黒いんだ!広告業界のやつらは悪魔の息子だ!!(さすがにこんなやつはいない)」

しかし、そう考えるのは間違いであり、テクニック自体には善悪はない。私はそう思います。

犯罪に刃物が使われたからといって、刃物が悪いわけではありません。

刃物を人を傷つけるために使うのか、料理に使い身の回りの人を喜ばせるのかは、その人次第です。

本書のテクニックを使用し、高額な壷を高値で売りつけるような人は間違いなく悪人でしょう。

ネットビジネスの世界にも、そのような方は確かに存在します。

ですが、あなたが本当に素晴らしいと思う商品も、使ってもらわなければ、その素晴らしさを理解されず世の中の数多の商品に埋もれてしまいます。

本書から学び、より多くの消費者を説得し、行動を起こさせることによって、必ず世の中が良くなります。

商品の生産者は売れたことに喜び

消費者は素晴らしい商品と出会えたことに感謝し

商品を紹介したあなたにも必ず数多くのメリットがもたらされることでしょう。

 

 対象となる読者層は?

どのような立場の人間であっても本書を買うメリットより、買わないデメリットのほうが圧倒的に大きいことは疑いようがありませんが、その中でも特に

●将来的に広告業界での就職を考える人

●これからネットビジネスを始めて、多くの商品を紹介していきたいと考える意欲的な人

●普段の会話に、説得のテクニックを持ち込んで、身の回りの人間を自分優位で動かしたい人

●普段から無駄遣いばかりしてしまい、知らない内に財布からお金が消えるため、商品を売る側の心理を学びたい人

のような方には必須の本、キリスト教徒にとっての聖書になりうる本、でしょう。

現代広告の心理技術101の詳細ページはこちら

 

 最後に…

冒頭で、読み手をパンクさせるほどにと表現した通り、本書は小説のように、最初から最後まで一回だけ読み、「あぁ、おもしろかった」で終わらせるものではありません。重要だと思うところには積極的に線を引いたり、ノートに書き写すなどしてこの一冊を自分の血肉としてください。

この本の知識が定着するころには、転職したり副業を始めることによってこの知識を使わないと損だ!と思わせるぐらいに、破壊力のある一冊です。

アフィリエイターが必ず勧める、現代広告の心理技術101の詳細ページはこちら

 

 

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------