集客サイトビジネスを始めよう!:成功すれば(ほぼ)放置で稼げる不労所得ビジネス

「株の配当金で暮らしたい」「不動産の家賃収入を得たい」そういって、不労所得に憧れる人は多いです。しかし、株式投資や不動産投資を始めようと思った場合、少なくとも数千万円の元手が必要になります。

そこで、少額資金で株式投資を始めるのは得策ではありません。

例えば、100万円を年利回り10%で運用しても110万円にしかならず、10年間同じ成績で運用しても260万程度にしかならないからです。これでは老後の生活資金にはなっても、日々生活できるレベルの収益は得られません。

また、借金をして不動産投資を行うのもリスクが大きいです。

不動産投資の話を持ち掛けてくる営業マンは多いですが、そんなに儲かるなら自分たちで不動産を購入するはずでしょう。実際には、ローンで投資用マンションを購入して、数年~数10年後に自己破産するケースが多発しています。

それでは、先祖から土地や建物などの資産を受け継いだ人以外は、不労所得を得ることはできないのでしょうか?

いえ!元手が数万円で、なおかつ隙間時間を使って構築できる不労所得があります。

集客サイトビジネスとは?

元手が数万円で、なおかつ隙間時間を使って構築できる不労所得に、「集客サイトビジネス」があります。

この言葉には、余り馴染みがない人が多いでしょう。それは僕の造語だからです。

この言葉の定義は「インターネット上に自動的かつ長期的に集客できるウェブサイトを作り出し、何らかの方法で収益化するビジネス」という意味です。ウェブサイトに掲載する情報は、さまざまなジャンルにわたるでしょう。

  • 薬の情報サイト
  • 無職のための転職サイト
  • 小規模起業が学べるサイト

このように、一つのテーマを決め、そのサイトに有益なコンテンツを掲載し続ければ、アクセスは必ず集まります。また、長く読まれる記事を多数掲載することに成功すれば、後はほとんどサイトをメンテナンスしなくても、継続的にアクセスが集まり続けます。

そのアクセスを、広告を掲載したり自分が開発した商品を販売したりして、お金に換えるのです。これで(ほぼ)不労所得を得ることができるサイトが完成します。

参考として、僕がたった一つの商品から、一ヶ月で三万円の利益を得た証拠をお見せします。

商材名は伏せますが、一つの商品から毎月サラリーマンのお小遣いレベルの収入を得られるのです。

これが、集客サイトビジネスの全てです。図で表すと以下のようになります。

3つの代表的な収益化方法

次に、集客サイトビジネスの収益化について解説します。

集客サイトビジネスの収益化には、いくつかの種類があります。広告収入で稼ぐ方法もあれば、自分の商品を販売する方法もあります。

自分が運営するサイトによって、適した収益化が決まります。自分がどのようなサイトを運営するか決めた段階で、「本当に収益化できるか?」「このサイトに適した収益化はどれか?」を検討しておかなければいけません。

一年単位でサイトを制作したのに失敗に終わってしまっては、目も当てられないからです。

あなたのビジネスが失敗しないためにも、これから説明する収益化方法をしっかり検討してください。

グーグルアドセンス

サイトを収益化する際、真っ先に検討に上がるのが、グーグルアドセンスになります。

これは、運営サイトに広告を設置し、1クリック当たり数円〜数十円のお金が、サイトの管理人の収益になる広告モデルです。「運営サイトに関連する広告」や「ユーザが普段から検索しているような関心のある広告」がサイトに表示されます。

この収益化の利点はクリックされるだけでお金が入るところです。商品を売り込む必要がないので、とにかくアクセスを集めることだけ考えればよいです。

ただし、グーグルアドセンスで生活できるほどの収益を上げたい場合、10万〜100万単位のPVが必要になります。

  • 大衆受けするような2ちゃんねるのまとめサイト
  • 圧倒的なPVを誇るプロブロガーのサイト
  • 総合節約サイト

このような分野では、グーグルアドセンスによる収益化を検討するべきです。

アフィリエイト(商品紹介)

アフィリエイトというビジネスモデルも、収益化する際の王道といえます。

アフィリエイトは、運営サイトで商品を紹介し、商品の売上の一部が紹介者に還元されるビジネスです。前述したグーグルアドセンスと違い、クリックされるだけではお金にならないので、「売れる商品選択」「商品を買いたくなるような文章力」などで、収益の最大化をはかります

また商品の広告は以下のような、ASPと呼ばれるサービスが提供しています。ASPを端的に説明すると、商品を紹介して貰いたい生産者と、商品を紹介したいアフィリエイターをつなげる仲介サイトです。

ここは、オンラインの卸市場のようなものです。不動産から化粧品まで、さまざまな広告が用意されていて、好きなものを紹介することができます。

例え、アクセス数が1日500前後のサイトであっても、このビジネスモデルであれば、収益化できます。

  • 不動産やカードローンのように専門性が高いサイト
  • 当サイトのような、小規模起業を解説しているサイト

このような分野では、アフィリエイトによる収益化を検討します。

商品開発

自分が販売する商品を自分で開発する収益化もあります。

例えば、あなたが「経済的成功のための英語学習」というテーマでサイトの集客に成功したとします。そこで広告モデルを使って、オンライン英会話を紹介したり英語教材を売ったりして収益をあげることは可能です。

しかし、自分がオンライン英会話教室を運営していれば、自分の英会話教室を読者に勧めることができます。

自分の運営サイトで集客して自分の商品を売ることができれば、広告費が必要なくなります。また、継続的に顧客が見つかります。

今回の例であれば、後は英会話教室の運営を雇った社員に任せることによって、収益の自動化が完了します。

まとめ

今回は、一度集客に成功すれば継続的にお金が稼げる「集客サイトビジネス」とは何か? を解説しました。また、集客に成功すれば、複数の手段で収益化できます。

お金がない、コネがない、会社を上場させるような特別な才能がない

そのような人でも気軽に始められるのが集客サイトビジネスなのです。

失敗しても失うものは、数万円単位の初期投資と費やした時間だけなので、迷っているなら試してみましょう!

実際に、Xサーバをレンタルして、独自ドメインを設定し、ワードプレスの初期設定を終わらせ、情報を発信するまでの手順

小規模起業家養成講座

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------