集客サイトビジネスの所有者は、著作権とどう向き合うべきか?

[集客サイトビジネスが何かを知らない人は、先にコチラを閲覧してください]

集客サイトビジネスを始めよう!:成功すれば(ほぼ)放置で稼げる不労所得ビジネス

集客サイトビジネスを始めたとき、大抵の場合、知識の補強が必要になります。

例えば、あなたが「お金をコントロールする人生にする」というテーマでサイトを制作したとします。そのとき、自分の知識だけでは限界があるので「読書」「セミナー」「動画教材」などで知識を補強することになります。

そこで得た知識を使って、自分の運営サイトに有益な情報を載せていくことになります。しかし、そこで一つの疑問が湧くはずです。

人から得た知識を自分のサイトで公開してもよいのだろうか?

自分の言葉で内容を再構築できれば、著作権の問題はクリアできる

結論からいいます。

たとえ人から得た知識でも、自分の言葉で再構成した記事であれば、問題は起こりません。なぜなら、この世のすべての情報は、誰かが誰かの情報を参考にしているからです。

例えば、あなたが起業家が国から補助金を受けるための記事を書くとします。

元々の情報は、補助金を出す機関が各種情報を発信しています。その各種情報を元に、出版社がわかりやすく再編成し、この書籍でしか読むことができない一次情報を加えて、出版しています。

あなたも、さまざまな媒体から知識や情報をインプットし、自分の言葉で情報を再構成します。そこにあなただけの経験を加えて情報発信を行えば、基本的にはルール違反ではないのです。

それがわかったところで、次に「集客サイトの記事を書くときの知識習得から発信」までの過程を解説します。

書籍や論文などの質の高い記事から知識や情報をインプットする

まずはじめに、あなたは知識や情報をインプットします。

このとき、ネットやフリーペーパーの無料情報から、書籍や動画教材などの有料情報まで、さまざまな媒体から知識をインプットすることが可能です。

ここでは、動画教材や書籍などの有料情報から知識をインプットするようにしてください。ネットから仕入れた情報は信憑性が低く、そのような情報を間違えて発信してしまうと、あなたの信用がなくなるからです。

その点、有料情報であればお金を取ってビジネスをしているので、おかしな情報が紛れ込んでいる可能性は低いです。

そのような質の高い情報に触れて、まずはあなたの知識を増やしてください。

頭の中で整理し、新たに文章化する記事の論理構成を考える

次に、インプットした情報をサイトに掲載する必要があります。

そのとき、気をつけなければならないことは、「書籍などの記事構成までそのまま真似てはいけない」ということです。

書籍の情報を参考にするだけならよいのですが、記載されているテーマやテーマに沿った文章の論理構成まで真似てしまうと、出版社からクレームが入ります。おかしな誤解を招かないように、自分の中に情報を落とし込み、自分の言葉で発信するよう、細心の注意を払ってください。

自分の体験談などを追加して、オリジナルな情報にしていく

自分の言葉で記事を書くとき、あなたにしか発信できない一次情報を発信するようにしてください。

例えば、僕がインターネットのマッチングサイトを利用してWebライターとして活動しているとします。

そのとき、複数のマッチングサイトを紹介する記事を書くことが可能になります。しかし、そのような記事は世の中に溢れています。

そこで、「自分がマッチングサイトを使ってみた体験談」を加えて記事をつくれば、あなたにしか書けない情報となります。「どのサイトが使いやすいか?」「どのサイトからいくらぐらい報酬を得ているか?」などの読者が求める情報を書くことで、長年愛される記事が完成するのです。

まとめ

  1. 自分の言葉で情報を発信しているなら、著作権のことはそこまで気にする必要はない。ただし、情報元の出版社や教材の販売者にクレームを入れられないように、文章の論理構成から見直すこと。文章の一部だけを改変したほぼコピペのような文章を書かないこと
  2. 有料の教材や書籍から良質かつ体系的にまとめられた知識をインプットすること
  3. 読者にとって有益であり、かつ自分にしか書けない一次情報を加えることを意識すること

以上のことを踏まえたうえで記事を掲載すれば、誰からも感謝される集客サイトが完成します。

実際に、Xサーバをレンタルして、独自ドメインを設定し、ワードプレスの初期設定を終わらせ、情報を発信するまでの手順

小規模起業家養成講座

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------