集客サイトビジネスやブログを継続させる秘訣:とにかくゾーンに入れ!

[集客サイトビジネスが何かを知らない人は、先にコチラを閲覧してください]

集客サイトビジネスを始めよう!:成功すれば(ほぼ)放置で稼げる不労所得ビジネス

「一生懸命頑張って、一日二記事書けば、一年で700記事書ける!」「毎日文章を書くのが楽しい」そういって、自分を奮い立たせる人がいます。

しかし、相当追い詰められた状況でない限り、モチベーションが続きません。

  • やる気が出ない
  • 仕事で嫌なことがあった
  • 布団から出たくない

このような感情で、せっかくの自由時間を潰してしまうことがよくあります。そこで今回は「文章執筆モードに入るコツ」を解説します。

継続するのが一番大変なのが集客サイトビジネス

集客サイトビジネスでは、継続が成功のカギとなります。

SNSなどでライバルたちを確認すると、大抵の場合サイト制作を継続できずに脱落し、おなじみのメンツだけが相変わらず黙々とサイトを作り上げている姿が目につきます。

これはあなたにとって朗報です。殆どのライバルは勝手に脱落していくので、毎日文章を書けるだけで、あなたはライバルに対して優位に立てます。

ゾーンに入って、一日数記事執筆を心がける

驚異的な集中力を持って仕事に取り組むために、ゾーンに入ることを意識してください。

ゾーンとは「スポーツ選手や職人などが、驚異的な集中力を持って一つの物事に取り組める精神状態」のことだと考えてください。ゾーンに入ると、嘘のように作業が捗ります。

そして、「次の作業が決まっている職人」などは、ゾーンに入りやすい職業といわれています。集客サイトで文章を書くあなたは、ライターとして活動を行っているともいえますが、実はライターの仕事もゾーンに入りやすいのです。

ゾーンに入る方法論

そして、効率よくゾーンに入る方法として、「ToDoリスト」を活用する方法があります。

やり方は単純で、一日に書くテーマをToDoリストとして並べて、上から順番にひたすらこなすのです。

ToDo

・クラウドソーシングは稼げる?稼げない?僕がWebライターを始めて涙を流した理由

・人脈を整理するのではなく、高レベルな人間から学ぶことを意識せよ

・お金持ちなるために捨てるべき3つの普通

このようにして、書くものを先に決めておくのです。

ここで大事なことは、一つの記事を書き終えたあと、「次は何をしよう」と考えてしまう状態に持っていってはいけないということです。次に何をしようと考えた時点で、ゾーンから抜けてしまうからです。

僕の場合は、記事のテーマだけを決めるのではなく、「テーマ 導入分 大見出し 中見出し 小見出し まとめ」までを先に書き出すようにしています。

こうすることによって、ワードプレスの編集画面を開くと、すぐに執筆を開始することができ、ゾーンに入ることができるのです。

強制的に文章を書くための方法論

そうはいっても、机に向かうはじめの一歩が踏み出せないこともあります。そのようなとき、僕は「Webライターの仕事を活用する」か「布団の中でスマホで全力で執筆する」ようにしています。

最初の一記事は、Webライターとして優良クライアントからの仕事をこなし、強制力を持って机に向かう

集客サイトであろうが、ライターの仕事であろうが、誰かからお金を受け取って仕事をしています。

しかし、集客サイトの持ち主は自分ですし、いくらサボっても誰からも何もいわれません。このような状況下では、人はいくらでもサボるものです。

世の中に超人はいません。特に、サラリーマンとして安定収入を得ている人ほど、その収入に甘えてしまって、作業が捗りません。

そこで、納期のあるWebライターの仕事をこなすことによって、強制的に机に向かうのです。納期が遅れると社会的信頼を失いますので、難なく机に向かうことができます。

布団から出たくないのなら、布団の中で全力で文章を書く

もう一つの方法論は、布団の中(部屋のリラックススペース)で全力を出すことです。スマホを使って記事の執筆に全力を出します。

「また、一日中布団の中でゴロゴロしてしまった…」こういって、自分を責める人がいます。

しかし、よくよく考えてみると、布団の中でゴロゴロしたから悪いのではなく、布団の中でゴロゴロしながらスマホでネットサーフィンをしていたのが悪いのです。

たとえ、布団の中でゴロゴロしてスマホをいじっていても、その手で集客サイトの記事を書いていれば、問題はないのです。

たしかに、執筆速度を突き詰めるとパソコンのタイピングよりスマホのフリック入力は遅いです。しかし、フリック入力でも極めると、そこそこのスピードで文章を書けるようになります。

とにかく布団の中でも何でも、記事を書いているうちにやる気が増幅され、最終的にはキーボードを使って徹底的に記事を書きたくなるのです。

この現象は、脳科学の分野で「作業興奮」という呼ばれているものです。

ブログの更新が面倒に感じてしまったあなたに送る、毎日簡単に作業が捗る「作業興奮」

全くやらない→本気でやる

ではなく

全くやらない→だらだらやる

を意識してください。すると、最終的には

全くやらない→だらだらやる→本気でやる

に変わります。間違いなくオススメです。

まとめ

  1. 記事執筆を継続するためには、ToDoリストを作成してゾーンに入ること
  2. はじめの一歩が踏み出せないなら、Webライターとして活動し、強制力を持って机に向かうこと
  3. やるやらないではなく、だらだらやること

これらを意識して、継続できないライバルたちに圧倒的な差をつけましょう!

実際に、Xサーバをレンタルして、独自ドメインを設定し、ワードプレスの初期設定を終わらせ、情報を発信するまでの手順

小規模起業家養成講座

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------