仕事から逃げるのが怖くて、人生から逃げる自殺者がいる!そうならないための健全な人生の目標とは?

サラリーマンの減らない自殺。

2016年11月。ある電通社員が自殺したことが、世間で騒がれています。美女、東大卒、大手広告代理店。

こんな3拍子揃った立派な人間が、長時間労働の罠によって、あえなく自殺する。

  • 3年も続けずに辞めると、ダメな人間だと思われる。
  • 自分がこの仕事をこなさないと、クライアントに迷惑がかかる。

など、色々と考えてしまうことがあったでしょう。上記のエリートウーマンも、ツイッターの書き込みから推測するに、ものすごく責任感が強い女性だったのだと思います。

彼女は最終的に、母親に「今までありがとう」と言い残し、飛び降り自殺によって、この世から去りました。これは、他人事ではありません。

僕やあなたは、今健全な状態にいるから「仕事で死ぬなんてありえない」と思っているだけで、いつ彼女と同じような思考に陥るかわかりません。僕やあなたが、そうならないために。我々は何を意識するべきなのでしょうか?

年長者はすぐに逃げてはいけないと言う。本当か?

僕のような地べたを這いずり回っているような非エリートでも生きているのだから、無理な会社はさっさと見切りをつければいいのにと思うのですが、やはりそこはエリート。世の中の年長者が言う「3年ぐらいは続かないと、どこに行っても続かないよ!」という言説に、惑わされたこともあったでしょう。

しかし、本当に年数の問題なのでしょうか?僕は、仕事を続けるべきか辞めるべきか検討している人には、「人生の大目標」を先に考えろ!と言いたいです。

どういうことか。下図を見てください。

これは空の図であり、下から「小目標、中目標、大目標」と続きますが、上から順番に人生の重要度が高くなる図です。まずは、自殺したいと思っているサラリーマンの「小目標、中目標、大目標」を見極めたいと思います。

この会社でどうしても成し遂げたいことがある!

あなたが、役人だとしましょう。

まず第一に、小目標として「毎日出社、残業100時間」があったとします。国家公務員ならそれくらいの激務をこなしていても、不思議ではありません。

そして、「なぜその小目標をこなさないといけないか?」というと、「同僚の信頼を勝ち取る」という中目標を達成する必要があるからかもしれません。こうやって、「なぜ~~をしなければならないか?」を突き詰めていくと、自分の人生の大目標に気がつきます。

そして、同僚の信頼を勝ち取るという中目標をなぜこなさないといけないか?と考え、最終的に「役人として、国家のためにやらなければならない~~があるから」という大目標にたどり着いたとしましょう。この場合は、仮に激務であっても簡単には逃げてはなりません。

もちろん長時間労働が当たり前になっている現状はデタラメですし、改善されるべきですが、自分の人生で達成したい目標がそこにしかない以上、歯を食いしばる必要があります。

その場合でも、さすがに自殺する前には休職するべきでしょうが、とにかくやりたい健全な大目標に到達するための激務なら、何とか耐えるべきでしょう。

逃げたと思われたくないから

では次の場合はどうでしょうか?

先ほどの例とほとんど同じですが、唯一人生の大目標が「逃げたと思われたくないから」となっています。

これはおかしいですよね?

俺は「逃げたと思われたくないから」、休日出勤に耐え、残業を100時間こなし、同僚の信頼を勝ち取るのだ!こんなセリフをはく人間がいたら、威勢はいいかもしれませんが、「どれだけ他人の目に振り回された人生なんだよ」と突っ込みたくなります。

人生の大目標が健全ではないのです。

一度、あなたの人生の大目標を改めて見つめ直してみてください。ここで、不健全な大目標が入るようなら、あなたが将来的に人生が辛くなった時、生きる目的が見出せず、前述した自殺したエリート社員のように簡単に命を捨ててしまうかもしれません。

そうはならないために、あなたの人生を支える、人生の軸となりうる健全な人生の大目標を設定する必要があります。

大目標ができれば、中目標や小目標は、大目標に到達するための乗り物に過ぎなくなる

ちなみに、僕の人生の大目標は、

言葉の力で人々の脳を再配線し、僕の言葉に触れた人間を向上させる

という目標です。理由は、ブログの情報発信で感謝された嬉しい記憶が、心の中にずっと温かく残っているからです。

この目標を達成する手段は複数あり、一つの手段が途絶えたからといって、大目標まで消え去ることはありません。もし、ブログでの情報発信が上手くいかなかったからといって、諦める必要はありません。

ブログはあくまで手段ですから、

  • ツイッターで毎日5人の人に絡んで、悩みを解決する。
  • 自分の周囲の家族、知人、友人を勇気付ける。

など、いくらでも他の手段が見つかるわけですね。そうやって健全な大目標を一度設定しておけば、あなたが簡単に命を捨てることはないでしょう。

今日も、地球のどこかでは、どうしようもなく人生に行き詰って自殺してしまう人が大勢います。そんな人たちの分まで、僕とあなたはこの世界を生き抜きましょう!

雑記・思索集

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------