日記の書く。人生を変えるために。「習慣の奴隷フレームワーク」を使用せよ!

自分と向き合う時

僕達は皆、朝起きて外出する前に、一度は鏡の前に立つでしょう。

髪の毛を整えておかないとだらしのないやつだと思われるし、ヒゲだってそうでしょう。もしかしたら鼻毛が出ているかもしれませんし、女性なら化粧をしなければなりません。

僕やあなたは、日々自分の容姿と向き合っています。この世界を善く生きるためです。

では、ここで質問します。

あなたは、自分自身である脳、つまり自分の考え方と毎日向き合っていますか?

自分の容姿は、鏡と向き合うことによって、毎日健全な状態を保つことができます。しかし、自分の考え方となるとそうはいきません。

自分の考え方を客観視できる人間自分の容姿を客観視できる人ほど多くはなく、その多くは、両親、兄弟、知人、上司たちの苦言によって、考え方の間違いを指摘されているのが現状ではないでしょうか?

そうして自己成長できるのであれば、それも一つの手ですが、誰もが自分を高めてくれる批判を投げてくれる環境で過ごしているわけではありません。また、誰もが常に自分の成長に気を使ってくれるわけでもないでしょう。

  • 周りに自分を挫く人間ばかりが集まってしまった時
  • 尊敬できる師匠が見つけられなかった時

そんな時に、自分の師匠となるのは、他でもない自分自身のみです。

そして、自分の考えと向き合おうとしたら、自分の考え方を外に吐き出さなければなりません。吐き出したものと向き合うことにより、自分自身を高めなければなりません。

それを実現する手段の一つが「日記」です。

  • 1時間後の自分。
  • 1日後の自分。
  • 1ヶ月後の自分。

が、かつての自分の考えと向き合うことによって、自分の欠点を見つけ出す。

こうして自己成長できる日記は、万人にオススメできる成長ツールであり、僕はその日記を自分流に改造することによって、努力を努力と思わないフレームワークを作り出したのです。

ヤマダススムの習慣その2.習慣の奴隷日記を毎日つける。

ライター。アフィリエイター。僕は自分のことをこう定義していますが、これらの立場はアウトプットを出すことが求められています。

しかしながら、記事のネタを考える、文字を書く、などの作業はなかなかに根気が必要な作業であり、意識していないと、すぐにインプット(読書等)に逃げがちです。そうならないためには、努力ととらえているアウトプットを習慣化し、努力を努力と思わない状態まで自分をもっていく必要があります。

義務や、しなければならない(have to~)という単語が嫌いな僕も、唯一習慣の奴隷になることによって、アウトプットを努力と思わない状態にまで持っていくことを模索しました。その結果、習慣の奴隷フレームワークを編み出したのです。

これをみてください。

————————————–

2016年 xx/xx

本日のTODO

・朝アファメーション

・ライティング10分練習

・運営サイトの記事を1つ更新。

・メルマガ(文章財産倶楽部)の記事を1つ更新。

・読書(過去に読んだ本で線を引いてあるところだけを読み返し、記憶に定着させる)

・夜アファメーション

今日一日の出来事。(日記)

今日は、掲げた目標をすべて達成することができた。

すべて達成できるような低いハードルを設定したので、明日は記事を1つ増やして、達成できるかどうかを見極める。

明日一日を今日より善く生きるためにはどうすればよいか?

起きてから目が覚めるまでに、2時間ほど布団の中で、ネットサーフィンをやってしまっていた。「自分の決めたことしかやらない」を徹底すること。

そのためには、ToDoリストを確認する癖をみにつけたほうがよい。

また、息抜きをするとしても、その前に携帯電話のタイマーで、区切りをつけること。

習慣チェックリスト
毎朝起きた時、夜寝る前にアファメーション
起きた時、10分間ライティングの練習
寝るとき以外は、布団の中で横にならない
デスクは常に綺麗に
EverNoteを用いた人生の方針計画
習慣日記フレームワークを用いて、毎日日記を書く

————————————–

どうでしょう。

こうやって、ただただ日記を書くのではなく、自分がその日に達成したいToDoリストを作成することにより、自分がその日にやらなければならないことを明確化します。

また、余談ですが、ToDoリストの記事作成のところも、どんな記事を書くかを明確化しておくとよいでしょう。

過度に集中した状態のことを、「ゾーンに入る」と表現することがありますが、今日では、ToDoリストを作成し、その作業をやることが決まっている状態において、人はゾーンに入りやすくなることが判明しています。

記事執筆をするライターや、いわゆる伝統工芸の職人などは、これからする作業があらかじめ決められているので、ゾーンに入ることが可能な職業になります。

こうしてアウトプット習慣の奴隷になることにより、僕は自分を取り戻したのです。(最近までずっとブログをサボっていました…(笑))

また、簡単に今日一日の出来事を日記にしておいたらよいでしょう。一日の記憶を振り返り、簡単な思索を書き残す癖を身につければ、物事を考察する力を手に入れることができるでしょう。

また、明日一日を今日より善く生きるためにはどうすればよいか?、の項目は、「反省点」を踏まえて、翌日からどうするかを書き出すところです。

なぜ反省点と書かなかったというと、一日の終わりは疲れていることが多いので、そんな状態で反省点を見つけ始めると、自分が嫌いになります。ですから、「なぜできない?」ではなく「どうすればもっと上手くやれるか?」を意識したものにします。

明日が今日より善い一日になることを目指して!

まとめ 空のフレームワークをおいておきます。コピペして使ってください!

もちろん、ただただ日記を書くだけでも、その人は成長できます。しかし、上記の習慣の奴隷フレームワークを使用することによって、さらなる成長が可能となるでしょう。

というわけでもう一度、空のフレームワークを置いておきます。良ければ使ってください。

人生を変えたければ絶対に!!

テンプレ
————————————–
2016年 xx/xx
本日のTODO
・朝アファメーション
・夜アファメーション
今日一日の出来事。(日記)
明日一日を今日より善く生きるためにはどうすればよいか?
 
 
習慣チェックリスト
・アファメーションを行う(自分で自分に言葉を投げかけること。)
————————————–
http://yamadasusumu.com/essay/
------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------