嫌なことを言ってくる人への対処法3選:人間関係の地獄から解放されるコツ

  • コイツさえいなければなぁ…

人間社会を生きていると、なぜそんなことをいわれないといけないのかと感じるような、嫌な人とも出会うものです。

  • これだから低学歴は…
  • 何で忘れてるんだよ。アルツハイマーか?
  • お前その服似合ってないで!
  • お前が起業なんて(ヾノ・∀・`)ムリムリ!

友人、教師、上司、果ては家族まで、「この人さえいなければ僕の人生は充実するはずなのに」、と感じてしまうようなセリフをはく人間が出現してウンザリします。

  • コイン一枚で太陽さえ見えなくなる

このような言葉がドンピシャで当てはまるほど、彼らの存在は目の上のタンコブです。残りの999人は善人なのに、たった1人のやっかいな人が頭から離れず、自分の人生が台無しにされるほどです。

今日はそのような嫌いな人たちに人生を台無しにされないための「嫌いな人への対処法」をあなたに解説します。

同じ土俵に乗ってはいけない

すべての人間と話が合う人はいません。

自分では大親友と思っている人が、彼のいないところでは実はものすごく嫌われていた経験が僕にはあります。あんなに面白い人なのに、そこまで嫌わなくてもと思いましたが、このような話はどこにでもある話なのでしょう。僕も、どこかでは嫌われているはずです。

このような場合、基本的には関わらなければ問題が解決します。嫌な人がいるのではなく、合わない人がいるだけと考えるのです。

しかし、ときには関わらざるを得ない人たちもいます。クラスメイトや同僚や上司、果ては家族の中にそのような人がいた場合、なかなか関わらないの一言で済む問題ではありません。

仮に、あなたの前に嫌なことをいってくるやつら現れた場合、あなたはどのようにすればよいのでしょうか?

ここで一番やってはいけないのは、「言い返す(やり返す)」ことです。相手の会話の目的は、たいていの場合、あなたをやり込めたり傷つけたりすることですから、相手は自分が勝ったと思えるまで反論してきます。

ですから、もしあなたが誰かに嫌なことをいわれた場合、反射的に「同じ土俵に乗ってはいけない」と考えてください!

彼らは自分の言葉で相手の感情が動いたことをとても喜びます。特に、こちらが怒ったりショックを受けているところを見ると、脳内物質がでるのでしょう。目の中心部を指で下から押し上げたような表情でこちらの出方をうかがいます。あの表情は本当にイライラします。

しかし我慢してください。繰り返します。「同じ土俵に乗ってはいけない」のです。

ここまでのことが理解できたところで、嫌なことをいわれたときの具体的な対処法をあなたにお伝えします。

同じ言葉を繰り返す

嫌なことをいわれたときの万能の対処法として「相手と同じ言葉をまずは繰り返す」という方法があります。

例えば、「僕が数年以内にライターとして独立するために、いろいろと準備している」という話が、僕と友人の間で話題にあがったとします。そこで、以下のようなセリフをフレネミー(友人のふりをした敵)にいわれたとします。

  • お前なんかにできるわけないやろ(笑)

このようなセリフを突然はかれた場合、びっくりして頭が真っ白になってしまうことが多いです。そこで即座に「お前なんかにできるわけないやと?お前なんかの(なんか)ってなんやねん!」とでも言い返すのです。

やまびこのように相手の発言を繰り返し、相手の出方をうかがいます。相手が何でその発言をしたのかがわかれば、もしかすると悪態をつかれても仕方がない状況があったかもしれないからです。

ここで、さらに自分を傷つける一言を発信しようものなら、その人の会話の目的は議論の相手をやり込めたり傷つけたりして、精神的に優位に立つことにあります。この場合は仕方がないので、言い返すことになります。

  • そうやってすぐ人の目標を台無しにしようとするよな?
  • 自分に伸びしろがないからといって、人の足引っ張るなよな?
  • そんな角の立つ言葉ばっかり使ってるから、全員から嫌われてるんやで!
  • 夢を叶えた人間には優しいけど、夢を追っている段階の人間には厳しいって言葉あるもんな?お前は俺の夢を応援してくれないタイプやったか…

このような言葉で、相手を責める権利があなたにはあります。普段から、相手の痛いところを突くならどこか?を頭の片隅に置いておきましょう。

感謝の言葉を述べる

反対に、「相手の暴言に感謝の意を述べる」という方法もあります。

  • そのように指摘してくれる人は、あなたしかいなかった。ありがとうございます!
  • 自分では気がつけなかった。あなたは僕より鋭い視点を持っている。

暴言を吐く人も、その後に相手から好意が返ってくることは想定していないことが多いです。そこで、悪意にさえ好意を返す人に、繰り返し暴言を吐き続ける人はめったにいません。むやみな喧嘩を回避する効果があるでしょう。また、周囲の人たちに自分が大人であるという印象を与えることができ、暴言を吐く人間の評判を落とすことすらできる大人の対処法です。

ギャグをいう

何とか笑いに持っていこうとする」のも、対処法の一つです。

  • なんやなんや!俺が天才タイプやと思って潰しにきたな!?
  • 俺のポテンシャルを見極めて恐れているんやろ!

「あほらしい」「しょうもない」「相手にしてもしょうがない」このように思われたら喧嘩を回避しているといえます。実際に口に出されたら「たった80年の人生でそんなに立派になれるやつおらんで!」とでも言い返しましょう。

とにかく、怒り狂ったり喧嘩になったりしないように、トークを迂回させるのです。失うものがある人間の運命だと思って、大人になりましょう。

最終奥義:人ではなく技術に頭を下げる

仮に、人事を握っている上司や自分の生殺与奪を握っている身内など、到底言い返すことすらできない人も世の中には存在します。このような場合、「この人(の形をしたクズ)ではなく、技術に頭を下げているのだ」と考えるのが嫌な人に対処する究極奥義となります。

考えてもみてください。自分の大嫌いな上司も「凄腕のエンジニアで技術は確か」だったりしませんか?どれだけ嫌な人でも、一つぐらいは自分より優れているところがあるものです。そのような人の「自分より優れているスキル」に頭を下げているのだと思えば、嫌な感情も少しはマシになります。これは、人生の修業なのです。

  • 自分の嫌な人には、本当に一つもいいところがないんだよ!

あなたはそう考えてしまったかもしれませんが、あなたが嫌な人間には「自分を疑わないというスキル」という圧倒的なスキルを持ち合わせているのです(笑)。彼から自分を疑わないスキル(精神)を学び、「あいつでも生きてるんだから、自分でも生きる権利はあるよな」と考えられるようになれば、一段高みに登れます。

まとめ

  1. 嫌なことをいうやつが現れたら、反射的に「同じ土俵に乗ってはいけない」と考えること
  2. 「同じ言葉をオウム返しして態勢を整える」「感謝の意を述べる」「ギャグで返す」という方法論を覚えること
  3. どうしても頭を下げなければならない場合「人ではなく技術に頭を下げている」と考えること

これらのことを意識すれば、どうしようもなく心が荒廃する状況からは抜け出せます。自分を褒めてくれる人間だけが自分を成長させるわけではありません。自分に酷いことをいってくる発言からも自分を成長させるのです。

もう批判されても傷つかない。あなたの成功を助ける無敵の脳内フローチャート

当サイトの人気記事である「もう批判されても傷つかない。あなたの成功を助ける無敵の脳内フローチャート」のリンクも貼っておきます。当サイトを立ち上げた当初、情報発信者として批判を受ける覚悟を決めた僕が考えた、批判を自己成長ツールに変えるための思考法です。

ぜひ、今回の記事と合わせて習得し、ビジネスの成功をつかみ取ってください!

また、嫌な人間関係から逃れたいなら、自分のビジネスを所有するのが近道です。現在では、Webを活用して、一人でサラリーマン以上のお金を稼ぎだすことができる時代になりました。

僕も、とある起業家セミナーがきっかけで、今ではWebライターとアフィリエイターの二足のわらじで人間関係のストレスから解放されました。

その起業家セミナーとは、「次世代起業家育成セミナー」です。

一攫千金ではなく、小さくても確実に儲かる仕組みの作り方を学ぶことができます。

管理人ヤマダによる、次世代起業家セミナーを視聴した感想と分析を知りたい方はこちらをクリック

数年の努力・サラリーマンより少ない作業時間で、サラリーマンを上回る収入を得ることができる、次世代起業家育成セミナーの詳細はこちらをクリック

成功思考を手に入れる

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------