今日からお金持ちになるために、あなたが意識しておきたいお金を増やす3つの行動。

お金持ちはケチ。こんな言葉を聞いたことがありませんか?

「金持ちは皆ケチなんだよ!」

わかったような顔をして、こんな発言をする人がいます。

「いやいや、ケチだからお金持ちになれたんだよ!」

こういって、得意気になる人もいます。

庶民から見たお金持ちというのは、お金のことばかり考えていて、お金にうるさく、間違っても自分たちに分け前を与えてくれることなどない、「お金に汚く、ケチ」に写るかもしれません。

しかし、誰かから資産を受け継いでお金持ちになったわけではなく、自分の力でお金持ちになった人。また、一時的にお金持ちになった人ではなく、「お金持ちであり続ける人」は大抵の場合、お金持ちになる過程でお金のリテラシーを身につけています。

  • お金持ち=ケチ
  • お金持ちをケチと定義する人間=無知

なのです。

無知と言われて、イラッとしたあなた!

「お金持ちをケチと定義する人間=無知」、とはどういうことか?をこれから詳しく解説しますね。

お金を増やす3つの方法

今日はあなたに、あらたな「お金のリテラシー」を身につけて頂きたいと思います。

あなたは、お金を増やす方法が3つしかないという事実をご存知ですか?

その3つは、ずばり

  • 1.収入を増やす
  • 2.支出を減らす
  • 3.運用で儲ける

です。この3つしか、お金を増やす方法がないのです。

あなたのお金=収入ー支出+運用益

ということです。

収入を増やす

お金を増やしたいと考えた時、誰しも思いつくもの。それは、収入を増やす、ということですね。

サラリーマンは、一生懸命働いて、少しでも給料を上げる。

あるいは、起業家が会社を立ち上げて、儲かる会社を作る。

など。

誰しも、努力して収入を増やすことを考えます。しかしながら、これらは確実性がなく

働いても働いても、会社が黒字にならず労働時間が増えるのみ

起業したものの、会社が倒産してしまう

など、収入が減ってしまう可能性があります。

運用で儲ける

このご時世ですから、なかなか自分の努力だけでは給料は上がりません。

昔のように会社が労働者を守ってくれる時代ではなく、自分の身は自分で守らなければならない時代がきました。

そこで誰しも考えるのが、運用です。

株で儲ける

不動産で儲ける

など、運用で儲けようとする人たちは大勢います。

しかし、ここでも

株で損する

不動産の価値が目減りする

など、必ずしもお金が増えるわけではないのですね。

支出を減らす

これで最後です。

お金を増やそうと思った時、支出を減らす、という選択肢もありますよね?自分の懐から出ていくお金が減れば、実質的にお金が増えるわけです。

では、ここで質問です。あなたは、人生で無駄遣いをしたことがない人を見たことがありますか?

あるいは、あなたは人生で無駄遣いをしたことがないと言いきれますか?

…そう。支出を減らすという行為は、確実性があるのです。やればやるだけ効果が上がります!

財布の紐をしめてケチだと思われたいのか?

あるいは

 

ブレーキを持たずに、突っ込んでしまう人生にするのか?

賢いあなたなら、どちらを選択するのか?ということです。

今日からあなたも金持ち脳

お金持ちがなぜ、ケチに見えるか?

あなたは答えがわかりましたね。

もう一度おさらいしておくと、

1.お金を増やす方法は3つある。

2.収入を増やす。支出を減らす。運用で儲ける

3. 2.のうち、支出を減らすところだけは確実性がある。

ということです。

貧乏脳は以下の図のようになっています。

そして、お金持ち脳は以下の図のようになっています。

その商品が、本当に必要か否か?、という思考プロセスをかましているのですね。

そして大抵の場合、本能的に欲しいと思った商品も、よくよく考えてみると、実際には必要のないことがほとんどです。

たとえセール中であっても、必要のないものはいらない。

たとえ高価なものであっても、どうしても自分に必要なものであるならば、消費を惜しまない。

これがお金持ち脳です。

今日からあなたもお試しあれ!

お金のリテラシー向上

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------