お金持ちになりたい人が人生で捨てるべき3つの「普通」

「本当は国産車じゃなくて、外車に乗りたいけど、現状の実力では国産車だな」「ワンルームでは狭いから、1LDKにしないと」そういって、自分の身の回りのモノをかためる人は多いです。稼いでいる年収に応じて生活水準が決まるので、エリート社員はその分大きな家に住み、大きな住宅ローンを抱えます。

しかし、このような消費生活を続けているうちは、絶対にお金持ちにはなれません。「お金」を手に入れるためには、あるものを捨てなければならないのです。

お金を手に入れるために、普通を捨てなければならない

お金持ちになるためには、「普通」を捨てなければなりません。なぜなら、普段意識せずに行っている消費のほとんどが、自分をお金持ちにするためのお金の使い方ではないからです。

例えば、あなたがコンビニでジュースを買ったとします。甘いものを飲んだことによって、あなたの快楽は満たしてくれるでしょうが、そのジュースが将来の自分に何かの利益をもたらすことは考え難いです。

あなたの人生には、そのような消費が溢れています。自分の年収に応じて「外食費用」「生活費」「住居費」などを増やしていたら、絶対にお金が増えないのです。

そこで、ここからはあなたが捨てるべき普通を見つけていきます。

普通の家を捨てる

あなたの実力では、1LDKの家が妥当だとします。しかし、広い家に住んだからといって、その家があなたにお金を運んでくれることはありません。

そこで、1LDKに住まずに1Rで生活するのです。これで月3万円程度は節約できます。

これは、月3万円の不労所得を手にしているのと同じです。このお金を使って自分を高めるビジネス書を買うことが可能です。さらに、そこで得た知識をブログを使って情報発信することによって、ネット上に自分メディアという名の資産も構築できます。

こうして完成した自分メディアに広告を載せることによって、月数十万稼ぐことも不可能ではないのです。その後副収入が安定したら、仕事部屋を作るために広い部屋に引越ししても、自己投資の費用を捻出できます。

僕も現在1Rに住み、その部屋には机と椅子と本棚だけが存在します。プライベートな時間はネット上に不労所得サイトを構築するだけなので、この部屋で充分なのです。

将来的に結婚するなら別の部屋に引っ越ししますが、僕が現在稼いでいる不労所得や副業所得を家賃に費やすくらいなら、自己開発や不労所得サイトの拡充に費やそうと考えています。

普通の車を捨てる

社会人になり生活に余裕ができると欲しくなるものの1つに、車があります。このとき、「ベンツは無理だけど、クラウンなら…」といって、自動車ローンで国産車を買うことは危険です。

先程の住宅の話と同様に、車があなたにお金を運んでくることはありません。お金持ちになるために、日々の交通手段は電車やバスで我慢するのです。

そして、クラウンを買わずに浮いたお金で、副業や小規模起業を始めましょう。

普通の人間関係を捨てる

あなたがお金持ちになりたいのなら、今までの人間関係を捨てなければなりません。普通の人間関係を維持することによって、気がつかないうちに多くのものを失っています。

労働者は、日々の生産活動のストレスを消費で発散している

労働者は普通、日々の生産活動(仕事)で溜めたストレスを、「飲み会」「趣味」「遊び」などで発散しています。それに真面目に付き合っていると、あなたの人生から「お金」や「時間」が奪われていきます。

そうならないために、あなたは生産活動や自己投資に楽しさを見出す人間になる必要があります。具体的には、不労所得サイト構築(生産活動)に楽しさを見出し、文書力の強化(自己投資)に楽しさを見出してください。

普通の人間関係は捨てて、同じような境遇の人間をインターネットなどを駆使して探し出し、仲間を見つけるのが良いです。

くだらない争いに巻き込まれる

前述した、「普通の家を捨てる」や「普通の車を捨てる」といったことも、理屈では理解できている人もいます。しかし、「友人に見下される」「親戚にあーだこーだいわれる」のような人間関係のイザコザに巻き込まれると、アイツラに負けてたまるかと考えてしまいます。

その結果、必要もないくらい大きな家を住宅ローンで買ってしまったり、軽自動車で済むのに無理に高級車を買ってしまったりするのです。

以上のようなものに巻き込まれないためにも、お金持ちになりたいのなら、普通の人間関係を捨てなければなりません。

あなたが唯一お金を使わなければならないもの

お金持ちになるために、あなたは唯一「自分にお金を運んでくれるもの」だけには、積極的にお金を使う必要があります

仮に、あなたがウェブサイトの広告収入でお金を稼ぐとします。

繰り返しになりますが、ウェブサイトの文章を外注ライターに書いてもらうことに積極的にお金を使いましょう。また、自分で文章を書くなら文章力を磨く自己投資に積極的にお金を使うのです。

これが、「自分にお金を運んでくれるもの」にお金を使うという意味です。人生から「普通」を捨て去り、「お金持ちになるという目標」の手助けになるものだけにお金を使い始めると、成功までの最短距離を走れます。

「貧乏→普通→お金持ち」ではなく、「貧乏→お金持ち」というルートを通るのです!

 

お金のリテラシー向上

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------