「無職 どうしよう」と悩むあなたに必見!無職は時間の奪い合いでボロ勝ちしているチャンスタイムだ!

「無職 どうしよう」

本記事を読んでいるあなたは、このようなキーワードで当サイトにたどり着いたことでしょう。

ここであなたに質問があります。

あなたは、自分が無職であることを過剰に気にしていませんか?たしかに我々が生きている社会では、無職は徹底的に糾弾されます。

  • あいつは社会の役立たずだ
  • ちゃんとした仕事に就かないと、ちゃんとした家庭も築けない
  • 同級生のあの人はもう大企業でメキメキ実力を付けているのに、あんたときたら

そういって、あなたを責め立てる人は今までの人生で、大勢いたのではないかと思います。また、自分自身が心の中で自分にそう責め立てていたのかもしれません。

僕も無職になるたびに、自己嫌悪や自己否定を繰り返し

「あの時、ああしていれば…」

と後悔することも一度や二度ではありませんでした。

人格が優れていようが、人に優しい心を持っていようが「お金を稼いでいない」という事実があるだけで、他のすべてを否定されてしまうのが、現代社会が資本主義に毒されている証拠です。

たしかに生きていくためには、お金を稼がなければなりません。

しかし、新卒で入社した企業に40年間勤め続けることだけが、絶対正しいわけではないと思うのです。

職歴にブランクがないのが、絶対正しいわけではないのだと、僕は思うのです。

無職はピンチ?誰がなんといおうと無職はチャンスである!

「このまま社会との接点が持てなかったらどうしよう」僕がかつて、無職で苦しんでいた頃、毎日布団の中で堂々巡りしていた思考です。

  • 同級生にバカにされる
  • 一生結婚できない
  • 死ぬしかない

仕事が決まらない状況を、人生のピンチとしか思えない人も多いです。しかし、何度も無職を経験した僕は、無職という状態をピンチではなくチャンスと捉えています。

それはなぜか?

無職は皆、時間の奪い合いに勝利している

zikan

人生には寿命があります。すべての人間に平等に訪れるものが、死です。時間は有限なんです。

そして、時間は大きく分けると2種類あります。

一つは、「義務時間」。

お金を稼がないと生きていけないのであれば、労働は義務時間にやっていることになります。家事をやらないと、家が無限に荒れるので、これも義務時間に行っていると言えるでしょう。

そして、もう一つの時間が「自由時間」。

自分のしたいことができる時間。少年ジャンプを読んでいようが、女の子とデートしていようが、全く問題のない時間なんです。

そして、世の中の多数派であるサラリーマンは、月曜日から金曜日まで朝から晩まで働きづめです。たまの休みは、日々の疲れを癒すだけで過ぎ去っていく日々。

やりたいことが出来ない日々が続くのですね。自分の人生が「義務時間」で満たされています。

しかし、無職は違います。

なんせ、日々の労働から解放されていることは事実ですから、現在確実に自由時間の確保に成功しています。

仮に、このまま働かないとお金がなくなり飢え死にするとしても、現段階ではあなたは飢え死にしていませんよね?

これは、時間の奪い合いに勝利している証拠であり、自分の人生を一段高めるチャンスだということができるのです。

  • 独立するためのスキルを身につける
  • 行きたかったところに旅行に行く
  • 1年間は読書に集中し、教養を身につける
  • より良い会社に転職するために、本当にやりたい仕事に付くためにスクールに通う
  • 人生に疲れたので、ちょっとだけ療養期間に入る

など。

サラリーマンであれば、実現できないことが無職なら、実現できるのです。

無職=ダメ

ではなく

無職=時間の奪い合いでボロ勝ちであり、無職=自分の人生を高めるチャンス

なんです。

長い人生、何度無職になろうとも、別におかしなことではありません

-shared-img-thumb-OHT86_bokusourolltoaozora_TP_V

忙しい日々の中では、なかなか自分と向き合う時間が作れません。そうしていくうちに、自分の人生が終わってしまったら、人生の最期にこのような後悔をしてしまう可能性があります。

  • あの時もっとああしておけば…
  • 自分の人生にはもっと冒険が必要だった

自分の仕事が順調であり、世の中の勝ち組に所属していたと思えていたがゆえに、人生の最期で後悔する人もいるのです。

そう考えると、今無職になってしまったあなたは、絶体絶命のピンチではなく、千載一遇のチャンスなのです。

無職になるたびに、あなたが自分と向き合い、新たな人生を手に入れることが一番大事なんです。

これから僕はあなたに対して

  • 就職・転職のこと
  • 独立のこと
  • お金の節約のこと
  • 無職の遊び方

など、様々な知識を提供していきます。このサイトが、あなたの人生の止まり木のようになれば良い。

それが、僕の望みです。

それでは、これから僕とあなたの関係が長期的に続くことを期待して、この記事は終わりにさせて頂きます。

無職はチャンスである

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------