旦那が無職になったとき、味方は妻であるあなただけです

  • 結婚して子どもまで生まれたのに、旦那が突然仕事を辞めてきた
  • 求職中の旦那が就職活動せず、一日中遊んでばかりいる
  • 旦那には、以前のようにエリート企業に戻ってほしいと考えているが、旦那は二度とあんな生活は嫌だと言っている

このように、結婚生活の中では旦那の仕事が突然なくなってしまうような困難が訪れます。いくら社会が男女平等のほうに舵を取っているといっても、まだまだ女性は男性と同等には働けません。このような状況で旦那が失職すると、心理的に追い詰められますよね?

その気持ちはわかります。旦那には何とか復職してほしいと焦りばかりが募るでしょう。しかし、ここではぐっと堪えて「これから数十年、死ぬまで共に生きるうえで、どのような結婚生活を送るのか?」を問い直してください。

旦那も辛いときがある

男というのは、辛いときも辛いと弱音をはけないものです。女性であれば、友人と愚痴をいいあってストレス発散するものですが、男は結婚すると以前の交友関係は疎遠になり、一人でストレスを抱え込むことも多いです。

また、社会全体が「男は定年まで働くものであり、資産もないのにドロップアウトしてはいけない」という雰囲気です。これは、男が女に求める条件に「年収」がない時点で理解できると思います。結婚すると自分が稼ぎ頭になると皆思っているのです。

しかし、だからといって男は仕事が大好きで、定年まで働くことを喜んでいるわけではありません。家族のためにと自分を犠牲にしていますし、どうしても仕事が辛くて出社したくないことも当然あります

あなたの旦那が無職になってしまったなら、すでに限界まで精神をすり減らしている可能性が高いです。そのようなときは、無理やり仕事を再開させようとするのではなく、これから僕が説明することを心がけてください。

これからどうするつもりか話し合ってみる

いつまでも無職では生きていけないことは、旦那も理解していると思います。

将来働くことは当然として、今後体調を崩さないために、どのように働くべきなのかを話し合ってください。

  • 旦那がすべてを稼ぐのか?それとも夫婦で共働きしたいのか?
  • 前職の経験を生かしたいのか?他の業種に挑戦したいのか?
  • 自分も今後はスキルを身につけたほうが良いのか?

このように、結婚生活を続けていきたいなら、無職になった今は、ピンチではなくチャンスです。旦那と正面から向き合い、人生を前に進めてください。

旦那の代わりに自分が働く

旦那と話し合った結果、旦那が働ける状況ではない場合、あなたが働き始めることを検討してください。

将来的に旦那が家計を支える状況に戻したいのであれば

  1. 旦那が無職 自分が正社員
  2. 旦那がパート 自分が正社員
  3. 旦那が正社員 自分が正社員
  4. 旦那が正社員 自分がパート

このように、段階的にシフトすることを検討してください。旦那の体調が戻り、正社員として普通に働けるようになったところをみて、自分は役目を減らしていくのです。

一緒にクラウドソーシングを始めてみる

旦那がどうしても自宅から出られない状態になり、家で遊んでいるようにみえるのであれば、「クラウドソーシング」の活用をオススメします。

クラウドソーシングとは、インターネット上で仕事を受注することができるシステムです。「プログラミング」「デザイン」「ライター」「在宅ワーク」など、さまざまな仕事が求人として出されています。

クラウドソーシング「ランサーズ」

僕が以前よく使っていたランサーズというサイトでは、上記の仕事の他にも、ネットオークションの簡単な出品作業をこなしてお金を得る仕事などがありました。

また、お客様サポートの仕事で週5日労働の仕事が募集されていたこともありました。在宅でパソコンがあればできる仕事なのですね。

オススメはWebライターになり、文章でお金を稼ぐことです。まずはあなたがクラウドソーシングを試し、あとから旦那を誘って、二人でお金を稼げば、生活費を稼ぎ出すことも可能になります。

文章力を人生の核にする

転職エージェントの登録だけでもしてみる

また、就活を真剣に始めるつもりがなくても、転職サイトの登録だけは済ませておくことをオススメします。

転職サイトに登録すると、旦那様のために転職エージェントがつくこともあり、旦那様のスキルに沿った仕事が紹介されるチャンスが増えます。特に、新卒で入社してから一度も転職や退職を経験していない人の場合、転職の勝手が分からないので、どのように再就職してよいのか右往左往するものです。

正社員前提の紹介予定派遣の案件が豊富なマイナビスタッフ!!

上記が管理人オススメの転職サイトです。上記のサイトは紹介予定派遣を含む総合的な派遣の仕事が探せるサイトです。短期的に派遣スタッフで働くこともでき、正社員登用前提でまずは派遣でお試し期間を設ける紹介予定派遣制度を使えば、「派遣→正社員」と自然にステップアップできます。

余談ですが、無職が長引いて何もしない状態が続くと、もっとやる気がなくなります。履歴書を書くのすら億劫になるほどです。もし旦那がやる気を見せないなら、突き放さずに一緒に転職サイトに会員登録してあげれば、案外スムーズにコトが進むかもしれません。

また、どれかの転職サイトに限定するのではなく、迷ったらすべてに登録することがほぼ必須です。なぜなら転職サイトの選び方も大事ですが、仕事を紹介してくれるエージェントも同等に大事だからです。

良いエージェントに巡り合うと、ノルマのために仕事を紹介するのではなく、本当に希望に沿った条件の仕事を探し出してくれます。そしてどのようなエージェントに当たるかまではこちらでコントロールできないので、複数の転職サイトに会員登録するのです。

困ったときに、どれだけ支え合えるか?

何を隠そう僕は独身ですので、「お前に何がわかる!」といわれれば、もう答えようがありません。しかし、男としての責任やプレッシャーなら理解できます。

あなたの旦那が無職になったときも、あなたが辛いのと同様に旦那もギリギリの精神でやっていることだと思います。自分だけでなく、家族の人生を背負うには覚悟が必要です。だからこそ、あなたの旦那が無職になってしまった場合、一番近くにいるあなたが助けてあげてください

  • 旦那の辛さを共有する
  • 旦那と一緒に在宅ワークをしてみる
  • 旦那と一緒に仕事を探してみる

臭いものに蓋をするように「就活してよ!」と一喝するのではなく、これからまた数十年共に生きることを意識して、旦那様のことを考えてあげてください。

無職はチャンスである

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------