無職で死にたい?生きるか死ぬかではなく「どう生きるか」でしょ!

  • 自分はなんて駄目な人間なんだ…

大人になると、働いて社会に参画するのが当たり前だと感じている人が多数派です。このような社会で無職になってしまうと、必要以上に自分を責めてしまいます。

かつての旧友との集まりにも堂々と参加することができず、平日は肩身の狭い思いをする。

このような社会の中で、無職はどのような精神状態になっていくのでしょうか?

死にたくなるのは当たり前

無職は死にたくなります。特に、モラトリアムを許さず、社会からのはみ出し者を許容しない日本においては、顕著な感情です。

あなたが現在無職だった場合、高い確率で「死にたい」と考えているかもしれません。あなたの身の周りにはあなたの苦しい気持ちを理解できる人がいないかもしれませんが、僕はあなたの苦しい気持ちがよくわかります。僕も無職になる度に「人生が苦しいからもう終わりにしたい」と考えていました。

全うに生きられないなら、死んだほうがマシと考えたこともあります。しかし仕事に復帰した今、冷静に考えると「生きる死ぬではなく、生きると決めてどう生きるか?」を考えるべきだったと思うのです。

そこでまずは、どのような生き方があるのか、考察してみましょう。

上昇志向を持った生き方

世の中には上昇志向の塊のような人がいます。

彼らは「良い学歴」「良い会社」「よい社会的立場」を目指しています。あるいは、呼吸するように自己開発を楽しんでいて、社会の上層にいるのが当たり前のように感じているのかもしれません。

しかし、現在無職の人はこのような生き方を目指すのは危険です。あまりに高いハードルを掲げるのは現実逃避になるからです。また、ハードルを超えられなかったときに、余計に自分を責めることになるからです。無職は人生のハードルを上げるべきではなく、下げるべきなのです。

無職(ニート)は周りと比較して焦る。一度落ち着いて、行動のハードルを下げよう!

世間体を守った生き方

世間体を守って生きるのが正しいと考える人もいます。

  • 正社員としての就職
  • 結婚して家庭を築く
  • 将来に備えて貯蓄する

このように、世間がやっていることを自分もやるのが正しいという価値観です。しかし、多くの無職はこの価値観に苦しめられているのではないでしょうか?

たしかに、誰も世間体を守らなくなったら物凄く少子化が進み、人類は絶滅してしまいます。しかし、精神的に弱っている無職の段階で「〜しなければならない」と考えて行動することが正しいとは僕には思えません。

くどいようですが、まずは超えるべきハードルを下げるのです。

多くの責任を背負わない生き方

僕が無職にオススメする生き方は「多くの責任を背負わない生き方」です。自分の生活のことは自分で責任を背負うが、それ以上のことはしない生き方となります。

  • ブラック企業の激務で疲れた体を癒やす
  • 社会復帰の架け橋にする
  • プライベートを優先させるため、余計なサービス残業を避ける

上記のような状態を実現するために、世間体など忘れて、まずは自分だけのことを考える生き方を始めてみましょう。その後、コンディションが万全になったときに「上昇志向で行く」「世間でいわれている幸せを手に入れる」と考えればよいのです。
あなたに合った派遣求人ならマイナビスタッフ!!

派遣会社なら、夜勤や週3日など労働時間を柔軟に選べます。そう考えたとき、まずは派遣社員などでコンディションを整えることも選択肢に入ります。始めの一歩を踏み出し、一度派遣会社に来社してみてください。コーディネータの方が親切に対応してくれます。


なお、10〜20代で正社員として再就職したいなら、圧倒的にDYM就職をおすすめします。無職・既卒・フリーターを積極的に転職させているエージェントだからです。

そもそも通常のエージェントの場合、採用されやすい経歴の人ばかりを重視して、無職や空白期間の長い人を断ることも多いです。

しかし、DYM就職は無職になってしまった人を再就職させてくれる優良エージェントです。もちろん、すでに多くの実績を積んでいるため、面接や履歴書の指導も丁寧に行ってくれます。

さらに、書類選考無しで面接まで到達できるのが特徴で、「履歴書に自信がない人」でも安心して応募できます。
無職でこれ以上辛い思いをしないために、DYM就職に応募!

 

僕は会社から自立した生き方を目指しています!

ひと昔前までは、学校を卒業したら正社員として就職するのが当たり前の時代でした。正社員になれば定年まで働くのが当たり前でしたし、インターネットがなかったことから在宅ワークやフリーランスの世界も発展していませんでした。そのような世界では、事業家として成功できる強者だけが、生き方を選べる時代だったと思います。

しかし現代では、インターネットの普及や派遣社員の法整備により、強者以外も生き方を選べるようになってきたといえるでしょう。

繰り返しになりますが、派遣社員も人生の転換期においては有効な選択肢です。

また、紹介予定派遣といって、一定期間派遣社員として働いた後、正社員として採用される制度を使う会社が増えています。企業との相性を見極めたうえで就職できるので、一度無職になってしまったあなたにも都合の良い制度です。「多くの責任を背負わない生き方」から「世間体を守る生き方」にスムーズに移行できます。
あなたに合った派遣求人ならマイナビスタッフ!!

僕は、最近クラウドソーシングと出会ったことがきっかけで、ライターとして活動しています。近い将来独立しようと考えていますし、あなたも文章を書くのが苦手でなければ、一度試してみるとよいのではないでしょうか?

クラウドソーシング「ランサーズ」

今日紹介したどの求人も、あなたの人生を良い方向に導いてくれるに違いありません!何かあれば、当サイトのお問い合わせフォームからご連絡ください。無職の方は優先的に対応させて頂きます!

文章力を人生の核にする

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------