無職が行動できない原因を探すのは時間の無駄!心の中にある「欲望」の声を聞き、目標に邁進する。

理由があるから行動できないのではなく、行動したくないから理由を探している

shared-img-thumb-PAK86_atamawokakaerudansei20131223_TP_V-1024x683

今日もまた、無作為に一日が過ぎてしまった…

明日から頑張ろうかと何度も思い直してみるものの、やはり昨日までと同じ生活が続いてします。

そんな時、自分がダメな人間だと思える人間はいませんし、無職の時は精神的に参っている人が多いので、自分を責めすぎるのも良くありません。

しかし、「今は行動できない理由」がスラスラでてくるあなたに聞きたいことがあります。

あなたは、理由があって行動できないのではなく、行動したくないから理由を探していませんか?

こんなことを聞くと、あなたは怒るかもしれません。

「違うんだ!僕は○○という理由で…」

僕にそう言いかけた人は、今から僕がいうことを聞いてください。

行動できない理由?あなたに聞かなくても、当てて見せましょう!

人が行動できないと考える理由をひたすら列挙していきます。

自分が当てはまっていないかどうかを、まずは確認してください。

1.言い訳型

「時間がない」「準備が整っていない」「お金がない」

2.心配型

「続けられなかったらどうしよう」「失敗したらどうしよう」

3.あきらめ型

「もう歳だし、手遅れだ」「若い頃ならできたのになぁ」

4.学び足りない型

「行動に移すには、これだけの能力が必要」「技術を身につけてから就職しよう」

5.アレもコレも型

「やりたいことがありすぎて、何もできない」

6.すぐやめちゃう型

「自分には向いていなかった」

7.本気を出せばできる型

「自分だって本気を出せばできる。」「潜在能力では負けていない」

8.依存型

「あの人がいっていたからやってみたけど、別の人はやらなくてもいいと言っていた」

9.人の目が気になる型

「笑われたくない」「失敗したくない」

以上です。

ドキッとしませんでしたか?

僕はドキッとしました。

ほぼすべての人類に当てはまる法則なのではないかと思うのです。

人間は行動を起こしたくない時、たいていこういった理由付けを始めます。

あなたの行動できない理由を聞く必要がなかったのは、上記の型を知っていたからなんです。

しかし、ここでタイプ別の対処法を説明するつもりなど、さらさらありません。

いくら対処法を与えても、結局新しい「行動しない理由」に移るだけだからです。

では、どうすればよいのでしょう。

あなたは目標を立てる前に、欲望を立てるのです

shared-img-thumb-jifgjoerghnfh_TP_V-1024x683

「就職して、お金を稼ぐ」

あるいは

「ネットビジネスで独立する」

という目標を立てたとします。

しかしながら、すべての人が簡単に達成できるわけではありません。

やる気がないのではなく、目標では人は動かないからです。

人は目標ではなく、目標の先にある欲望で動きます。

「お金を稼ぐ」という目標に向かって邁進するのではなく、お金を稼いだ後に得られる「美味しいものを食べたい」「可愛い彼女が欲しい」「車に乗りたい」という欲望が大事なんです。

自分が何のためにお金を稼ぐのかという心の声がなければ、あなたはあなた自身を動かすことができないのです。

欲望という言葉を聞くと、下品なイメージが付きまといますが、この欲望こそが原動力となり、行動力となって表れるのです。

また、大きな欲望と世の中のために生きるということは、矛盾しないのです。

自分が営業マンになり、たくさんの良質な商品を世の中に販売する。

その対価として受け取ったお金で、昔から憧れていた車を購入する。

素晴らしいことじゃないですか!

自分の快楽を追求する欲望を立てた後は、他人にしてあげたい欲望を立てること!

shared-img-thumb-awsedrftgy_TP_V-1024x683

まずは僕と一緒に自分が快楽を得るための欲望を立ててみましょう!

ーーーーーー

  • フェラーリに乗りたい
  • タワーマンションに住みたい
  • 可愛い彼女がほしい
  • 高級腕時計が欲しい
  • 大トロを飽きるほど食べたい
  • 世界中を旅行したい

ーーーーーー

例としては単純にしていますが、本当は具体的な欲望のほうがいいので、あなたが欲望を立てる時は、より具体的にしておきましょう。

大阪の梅田にある家賃20万程度の2LDKタワーマンションに住み、書斎、高級家具、可愛い彼女に囲まれて生活したい

のように。

こうやって欲望を具体的にし、目をつぶってその姿を想像すれば、欲望は嫌でもわいてきます。

自分には欲望がないからと言ってみたりせずに、一度欲望を立ててみてください。

人間は行動すればするほどさらに行動力が身につくように、欲望を立てれば立てるほど、さらなる欲望がわいてくるんですね。

それが、あなたの行動力の源となります。

1分ほどこの文章を読むことを中断し、自分の欲望を立ててみてください。

………………

………………

………………

どうでしょう。あなたの中にだって欲望はたくさんあったはずです。

本来ならここでこの記事は終わりなのですが、もう一つだけあなたにお伝えしたいことが残っています。

それは、上記で示した欲望は結果的に手に入れるものであって、実際にはあなたは、もう一つの欲望を立て、それを実行しなければならないのです。

それは、他人にしてあげたい欲望を立てること、なんです。

どういうことか、長々と説明するよりとにかくやってみましょう!

ーーーーーー

  • 育ててくれた親に旅行をプレゼントする
  • 自分の話を聞いてくれている友達に、最高の時間を提供する
  • 自分の話を聞いてくれている顧客に、最高の価値を提供する

ーーーーーー

どうでしょう。実際に善行を行ったことがある人ならわかると思いますが、他人に感謝されるととても嬉しい気持ちになります。

上記のように他人のためにしてあげたい欲望を立て、それを実践すると、相手は喜んでくれますし、自分も嬉しい気持ちになります。

そんな他人のためになることを続けていると、あなたの人生には、「人」「知識」「お金」「感謝」が舞い込んでくることとなり、結果的に最初に立てた自分が快楽を追求するための欲望も叶うようになるのです。

終わりに

今日の話はいかがでしたでしょうか?

今日の話を、もう一度完結にまとめると

1.行動力を身につけるために、欲望を立てること

2.自分の快楽を追及する欲望を立てたら、その後は他人の快楽を追及する欲望を立てる

3.他人の快楽を追及すると、結果的に自分が快楽を得られる欲望が実現する

ということです。

ぜひ一度、お試しあれ!!

無職はチャンスである

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------