Q.ブログ更新は質か量か?A.量×量と同じだけの添削が大事!

ブログ初心者が必ず1度は考えることがあります。

  • ブログ更新は、質と量のどちらを優先させるべきか?

「更新は質派」の人たちは、ゴミ記事を量産していてもアクセスは増えないと主張します。

「更新は量派」の人たちは、最初は何がゴミ記事かもわからないからとにかく毎日更新を癖付けろと主張します。

このような論争、特に「AかBか?」のような論争を見つけてしまうと、ついついCを見つけたくなるのが僕の性癖です。そこで今回の記事では、僕なりのCを主張します。

結論 量×量と同じだけの記事添削

結論からいうと「量×量と同じだけの記事添削」を意識すると、必ず一定の成果を上げることができると僕は考えています。ここからは、なぜ「量×量と同じだけの記事添削」という結論に至ったのかという理由を解説します。

「量」 1ページだけの有名ブログは存在せず

どれだけ名記事であっても、自分の運営しているブログに1記事しか入れていないのに、月10〜100万程度のPVが集まることは考えられません。名サイトには、相応の量の記事が必要になります。

3日に1記事しか更新しない人と比較して、1日1記事更新する人は3倍の速さで進むことができるのです。このことからも、記事の更新量がメチャクチャ大事だということが理解できます。

しかし、ここで「ゴミ記事が大量にあっても仕方がないのでは?」という話が出るでしょう。そこで、もう量と同じぐらい大事な要素が出てくるのです。

「添削」 ハイレベルな人からの適切なフィードバック

ブログの記事には、記事量と同じだけの記事添削が必要です。この記事添削を受けることによって、以下の2点のメリットが受けられます。

  1. 記事の質が高まる(書いた記事をゴミ記事として放置しない)
  2. フィードバックを吸収して、以後、質の高い記事を書き続けることができる(ライティングスキルの獲得)

このようにして、量×量と同じだけの記事添削を受ければ、記事の質は数カ月もしないうちに飛躍的に向上します。ここでどれだけ記事の質を高められるかは、誰からフィードバックを受けるかによって決まります

記事添削を受ける方法

記事量に見合った記事添削が必要だということがわかったところで、次にどのようにして記事添削を受けるかを知っておきましょう。これがわかれば、今日から実践に移すことができます。

ブログコミュニティ

世の中には、すでに集客に成功しているブロガーや、Web集客を商売にする人たちが大勢います。その中には、ブログコミュニティやサロンという形態で、月額数千円の料金でノウハウを提供している人がいます。

このようなコミュニティのサービスの1つに、「あなたの記事を添削します」というサービスがあればチャンスです。このようなすでに成功した人に記事の添削を受けることによって、その人と同じレベルまでは自分のライティングスキルを高めることができるのです。

Webライターとして活動を始める(荒業)

もっと荒業の方法があります。それは、SOHO向けサイトやクラウドソーシングからライティングの仕事を受注し、Webライターとしての活動を始めてみることです。

特に、1文字1円以上のクライアントであれば、しっかりとした文章の添削をしてくれるクライアントも時々存在します。そのようなクライアントから添削を受けることによって、「お金を貰いながらライティングスキルを高める」ことが可能です。

もちろんお金を受け取るわけですから、遊び気分でやってはいけません。しかし、ここで受けられる添削はプロとして通用する記事を書くための添削です。

この添削を受け続けることによって、自分のブログ記事の添削は受けられないですが、普段のWebライターの仕事と同レベルの文章が、自分のブログでも書けるようになるのです。

好きな有名ブロガーの文章の写経

好きな有名ブロガー(サイト)の文章を写経することも有効です。好きな人の文体を真似ることによって、自然とその人の文体が身につきます。

ここで気をつけるべきポイントは、「美辞麗句を駆使した小説家の文章を写経する必要はない」ということです。たしかに、作家の先生の文章は芸術的です。文章のプロでもあります。しかし、冷静に考えて、現在ブログでアクセスを集めている記事に、小説のような文章はありません。

一部の才覚に恵まれた人だけがアクセスを集められるのではなく、ユーザの悩みを解決したり役に立つ情報を提供したりできる記事がアクセスを集めるのです。そういう意味では、文章力よりもリサーチ力が重要になります。

・毎日更新ではなく、毎日記事を書き溜めること!

最後に、毎日更新は絶対ではないということをお伝えしておきます。

ブログ(サイト)記事の基本は

  1. ユーザが求めている情報を
  2. 過不足なく

伝えることです。あくまでユーザに対しての「悩み解決」や「情報提供」に徹するので、文字数がどれくらい必要か、検討がつかないこともあります。

また、場合によっては文字だけでなく、画像や動画によって伝えたほうがわかりやすい場合もあるため、作業時間が長期化することもあり得ます。

このような状況下で毎日更新を心がけていると、質の低いものを無理やり公開してしまいかねません。会社員との兼業ブロガーだと、1日2〜3時間程度しか作業時間が取れないことも多いはずです。

そこで、毎日更新ではなく「毎日執筆」を心がけてください。すると、ブログ自体は数日間成長しなくても、裏ではブログを成長させるための良質な記事が出来上がっていくのです。

筋トレでも勉強でも何でもそうですが、最初は辛くても、継続していくうちに癖になっていくものです。やらない日があると、気持ち悪くなります。

世界一簡単な習慣の作り方:毎日同じ時間に同じことをする

毎日記事を書き、書かないのが気持ち悪い状態を作り出すことができれば、ブログ成功脳にシフトしているといえます。

まとめ

ブログの記事に関しては、質か量か?ではなく、「量と量と同じだけのフィードバック」を意識することによって、質が勝手に高まります。

  1. ブログコミュニティ
  2. Webライターとしての活動
  3. 有名ブロガーの写経

この3つの方法で、文章力を高めることが可能です。

また、毎日更新する必要はありませんが、裏では毎日記事を書く必要はあります。こうすることによって、文章を書いていないと気持ち悪い状態を作り出すのです。

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------