大起業時代のコンパス!!満足度95%の次世代起業家育成セミナーは何度視聴してもやっぱり凄い…

あなたはまだ、起業は特別な人間が行うものだと思っていませんか?

「こんな会社、もう辞めたい。」

今日も、残業終わりの電車に揺られながら、つり革にぶら下がるようにつかまり、首をうなだれているサラリーマンが日本全国に存在していることでしょう。そして帰宅すると、発泡酒で自分を慰めながら、明日にはまたぎゅうぎゅうの通勤電車で出社する。

こんな生活が65歳まで続くと思うと、「俺の人生これで良かったのかなぁ」とサラリーマン生活に疑問を抱いた人も、一人や二人ではないでしょう。

「でも、サラリーマンすら満足に勤まらない俺が起業なんて選択肢に入らないよなぁ…」

そう自分に言い聞かせ、嫁と子どもを守るために自分を犠牲にし、自らを奮い立たせて通勤電車に乗る人がいる。

一方

サラリーマンが駅に向かうのを、タワーマンションの高層階から眺め、最近購入した高級コーヒーメーカーで入れた香りあるコーヒーを飲みながら、優雅に今日の経済ニュースをチェックする。

インターネット上に残したウェブサイトやそこに掲載されている文章が勝手にお客様を連れてきて、そこから自動的に商品が売れていく。午前中に、社長である自分が雇っている社員に、そのウェブサイトの更新を指示したのち、今日一日は自分を高める読書に集中する。

はずだったのだが、突然知り合いの社長から

「梅田にいいお店を見つけたんだ!これからランチに行かない?」

と誘いが来る。

「OK!ちょうどいいビジネスを思いついていたところなんだ!生産的なランチにしよう!」

そうして、また新しいウェブサイトから多くの顧客を獲得し、自動的に収益を上げる仕組みを作り出してしまう。

一方はあたかも奴隷のように、時間を奪われ人生をがんじがらめにされ、死ぬまで馬車馬のように働かされる。もう一方は享受できる自由を最大限享受し、人生を自分の思うがままにし、好きな時に好きなだけ仕事ができる。

この二人を分けたもの。それは、「能力差」なのでしょうか?

「世の中には賢い人がいる。そういった人だから、お金持ちになれるんだ!」

そう言い聞かせているあなたに、一つ質問があります。

賢い順番に成功するのであれば、なぜ東京大学出身のサラリーマンが存在するのでしょうか?

社会に出てから、イマイチパッとしない高学歴が多数存在する中で、中卒ながら事業で成功する人も大勢います。それはなぜでしょうか?

もし、上記の二人の差を分けたものが、「起業するために必須の知識を身につけ、それを行動に移したかどうか」だけの違いだったら、あなたはその知識を知りたいと思いますか?また、その知識が中学卒業レベルの学力で理解できるものであれば、手に入れたいと思いませんか?

これから僕は、あなたにそんな知識を習得することができる「ある教材」を紹介します。この教材は元々、何千人もの受講者を集めたセミナーだったものを、多数の要望があったため、その時の映像に文字データと音声データを追加して「教材」としたものです。

資本主義社会の虎の巻、「次世代起業家育成セミナー」をオススメします。

現代は、最もビジネスがやりやすい時代だ。

僕が最近感じていることです。

一昔前までは、株式会社を設立するだけで、多額の資本金を用意しなければなりませんでした。会社を立ち上げた後も、苦節10年、辛酸を舐めた後、ようやく運がよければ経済的に成功するようなものだと思われていました。

しかし、「あるもの」の出現により、現代では圧倒的にビジネスがやりやすくなったのです。その「あるもの」とは、ずばり「インターネット」です。

このインターネットを活用すれば、日本人だけでも1億人を対象にしてビジネスを始めることができます。立地と人口数が決める飲食店などとは比べ物にならないほど、ビジネスがやりやすい環境が整っているのです。

さらに、誰でも資本金1円で株式会社を作れる時代ですから、今日からでも簡単にビジネスをスタートさせることができます。しかし、そんな時代においても起業が一般化したとは思えません。

「私には、そんな大それたことはできない。それは一部の特別な人がやることだ!」

そのような思い込みが、あなたを経済的な成功から遠ざけています。何を隠そう、以前の僕は、まさにそう感じていました。

「バカには無理、若者には無理、凡人には無理。」

そういって、自分を納得させていました。しかし、あるベンチャー企業の社長の考え方に触れてからは、僕は考え方を変えざるを得ませんでした。

その社長の名は株式会社ココデ・グローバルの「加藤将太」社長です。加藤将太社長は、若くして複数の事業を成功させ、経済的に成功し、自由な時間を謳歌していました。

それだけなら、「この人は特別な人だったのだろう」で片付けられたのですが、実際には、加藤社長だけではなく、加藤社長に教わった人たちも皆、経済的に成功しているところを、この目で見てしまったからです。

その中には、中卒高卒も当たり前でしたし、賢さでは高卒の僕といい勝負だと思える人も多数いたからです。

そんなあるベンチャー企業の社長が提供する、「資金ほぼゼロ初期費用0~20万程度最短成功までに2~3年)、ノーリスク唯一失うのは時間だけ)」で起業できるノウハウを教える「次世代起業家育成セミナー」と出会ってからは、これまでの人生観が180度覆りました。

自分にもできる

直感的にそう感じ、ビジネスで成功することを目標として、日々ネットビジネスに取り組んでいる自分がいます。実際にビジネスを始めて1年足らずで、月数万円程度の不労所得を生み出すことにも成功しています。証拠を見てください。

housyuu

 

販売主、商品名等は隠していますが、たしかに一ヶ月で3万円の報酬を獲得していることが、理解して頂けたと思います。

でも、勘違いしないでくださいね?僕は決して、収益を上げていることを自慢したいわけではありません。

この教材で身につけた知識を愚直に実践するだけですぐに、ネット上で商品を紹介して、収益を上げる方法を身につけることができる、といいたいんです。

今までビジネスのことを何も知らなかった僕でさえ、一年足らずで数万の不労所得を得ることができたのです。

一ヶ月に3万円も収入があるということは、サラリーマンの月々のお小遣いが倍になるということです。一度作ったサイトは、あなたが寝ている間にも勝手に読者を惹き付け、勝手に商品が売れていきます。

そういったサイトを何個も運営すれば、あなたがサラリーマンを卒業して、悠々自適に暮らすことだって不可能なことではないのです。僕とあなたの人生を変える「次世代起業家育成セミナー」とは何か?そこでは何を学ぶことができるのか?

これから具体的に解説します。

 

次世代起業家育成セミナーでは、何が学べるのか?

今日は、大きく分けて「次世代起業家育成セミナー」の3つの利点をあなたに紹介したいと思います。

1.起業=多額の資金が必要。起業=常に多大なリスクと向き合う。という考えが僕達の思い込みだという事実がわかる

このセミナーでは、加藤社長が初期費用わずか数十万円から、どこにでもある「せどりビジネス」を年商数億円に育てた経営ノウハウを学ぶことができます。

「せどり」とは、中古店舗にて購入した本やDVDなどを、インターネット上で販売して、利ざやで儲けるという、ネットが出てくる以前から存在した、中古品の売買で利益を得る手段です。その単純なビジネスが、加藤社長の手にかかれば、年商数億円規模の自分の手間をかけさせない不労所得ビジネスに生まれ変わります。

そして、そのノウハウを横展開し、複数の事業を立ち上げ、さらにはそのノウハウを伝えた教え子が次々に経済的に成功し、実際にセミナーの特別講師として、あなたに有益な情報を伝えます。

起業=特別。起業=多額の資金。起業=リスク。そのすべてが、何も知らない僕の思い込みであったということに気づかされました。

また、「事業は儲からない」という社長の意見ばかりが、なぜ世の中に蔓延るのかも僕達の思い込みでしょう。

儲かっていない人間は儲かっていないとはっきり言いますが、儲かっている人間が人前で堂々と

「俺は儲かっていて仕方がないぜぇ!」

とは公言しませんよね?そんなことをして、厄介ごとに巻き込まれてしまっては命がいくつあっても足りません。

そして、次世代起業家育成セミナーで知りうる知識は、「明日のグーグル」を創業する知識ではなく、「小さくても楽に確実に儲かる」知識です。

起業すると公言すると、「そんな危ないことをするな」という意見が飛んできそうなものですが、世の中には大量の雑居ビルがあり、そのビルの一つ一つには零細企業が入っています。その零細企業=経営が危ない!、というのは思い込みであり、小さくても確実に儲かっている企業は山ほどあります。

そういった企業を創り出すのが、次世代起業家育成セミナーなのです。

2.インターネットを活用した、ビジネスの普遍的な知識を学べる

「あれも大事!これも大事!」

あなたが今まで生きてきた中で、大量に大事なことが発生して、結局優先順位が付けられないまま、どれも中途半端な結果に終わってしまった経験はありませんか?あなたがビジネスを始めると、やらなければならない(とあなたが思い込むことになる)ことが大量に出てきます。

そのすべてが本当に大事なのかと言われれば、ビジネスを分かっている人からすると、「そんなこと気にしなくていいのに…」と思うことでしょう。

加藤社長なら、そんなあなたにKSFの概念を伝えるでしょう。

key success factor.つまり、成功の主要因です。

どのようなビジネスにも、そのビジネスの成功のためにどうしても必要な主要因は、3つ程度洗い出せます。あなたがネットビジネスを始めた際、様々な知識(ノウハウ)が、「あれもやりなさい、これもやりなさい」と言っているように聞こえて、あなたはパンク状態になってしまうかもしれません。

しかし、KSFを使いこなすことによって、あなたはそんな戯言に付き合う必要がなくなるのです。

このビジネスの成功にとって、本当に大事なものは何か?それを見極めることができるようになるのです。

また、このセミナーではマーケティングがいかに科学的であるか?が理解できるようになります。

インターネットビジネスでは、アクセス数や販売数の解析が容易いのですが、そのデータを元に、どれだけのアクセスからどれだけの商品が売れているのか? など、そのデータの取り方を詳細に解説しています。最終的には1アクセスが何円になるのか? までを算出することができ、それができればそれ以下の値段でアクセスを買い、ノーリスクで100円を101円にすることができます。

知っているか知らないかで、恐ろしいほどの差がつく知識です。この知識を知らないがゆえに、どれだけの中小企業の社長が無駄なお金を広告費に費やしているのか…

すべての中小企業の社長に、このセミナーをみてもらいたい。そう思わせるような知識です。

3.システム化が学べる

「社長が従業員と共に汗水を垂らし、一人の労働力として働いている。」

零細企業・中小企業という単語を聞くと、こんな場面が想像できますよね?人によっては、このような姿を美しいと感じる方もおられるかもしれません。

だがしかし。次世代起業家育成セミナーでは、これを美徳としません。

徹底的にビジネスを自動化し、同じ作業を自分が何度もやらないように仕組み化し、自分は収益を上げる経営に集中する。これが次世代起業家の定義といっても過言ではないでしょう。

これを、加藤社長はシステム化と名付けています。そして、システム化=自動化+結果の保証です。

ビジネスを立ち上げてから発生するすべての業務が、最初は非定型業務なのですが、その業務を定型業務にしてコンピュータや人間にやらせるのが「自動化」。その自動化を施した上で、規模を大きくしても手間が増えずにより大きな利益を得ることが確実になるのが、「結果の保証」。

自動化と結果の保証を足したものが、「システム化」となります。

  • どうやって、自動化を行えばいいのか?
  • 意識していくべき順番は?
  • 気をつけるべきポイントは?

すべて、次世代起業家育成セミナーが答えてくれます。あなたの期待に応えてくれるのです。

この教材を作ったのは誰か?どういった目的で作られたものなのか?

上記以外にも、「ビジネスプラン別の戦略の立て方、人の雇用で気をつけること、セミナーのやり方」など、多くのことが学べます。

そのような優良なこの教材を作り上げた加藤将太社長とは、一体何者なのか?どういった目的でこの教材を販売しているのか?

今から解説します。

加藤社長は、京都大学のMBA出身の方です。

学歴など関係ないといくら口では言ってみたものの、やはりこの方から出る知識の数々は、半端なものではありません。他の教材の提供者とは一線を画するビジネスに対する深い知識と洞察が感じ取れます。

それは、前述のセミナーの内容から僕が感じ取ったものです。しかし、インテリ特有の人をある種の嫌な部分が全くないのですね。学の無い人間に、劣等感を与えるようなところが。

それもそのはず。

この方は、部活多忙・バイト多忙・完全独学というありえない状況下で京都大学工学部に進学した強い信念を持って行動している人なんですね。若い頃から苦労をしているんです。それに元々は理科系の人でした。

常に目標に向かって邁進するような人で、頂点に立ち下を見るのではなく、集団の先頭に立って自分は目標の方をみる。そして皆には背中を見せる。皆は自然と加藤社長の背中を追いかけたくなる。そんな方です。

しかし、自分の中の冒険心に気がつき、大学院はMBAを選択。

その後NTTデータという誰もが羨む巨大企業に勤めるも、自分のやる仕事ではないと判断すると、すぐに退職。周囲を驚かしたのもつかの間、その後すぐに事業を成功させ、今度は別の意味で周囲を驚かせるような人間なんです。

そして最終的には日本の教育を変えたいという人生の目的意識があり、その影響力を身につけるために経営というフィールドで戦っているのです。だからこそ、自分が見につけたノウハウを自分だけのものにするのではなく、そのノウハウを公開し、多くの教え子を経済的成功に導いているのです。

人生は無数の選択と行動の結果である

人生の勝敗は運で決まらない。無数の「選択と行動の結果」で決まる。byヤマダススム

僕は、最近このような持論を持つに至りました。でも、昔は違いました。運がすべてだと考えていたのですね。

「才能には勝てない」「生まれが良いやつには勝てない」「顔が良いやつには勝てない」このような意見で、自分の人生を諦めていました。

しかし、あるとき気がついたのです。「何もないとつぶやく僕には口がある」と。

口があれば言葉を発することができます。有益な言葉を発信すれば、それを良好な人間関係に変換することだってできるのです。

例えば、経済的に成功した人に対して「A.お前は運がよかっただけ」「B.君の成功は君の実力だ。成功のためにどんなことを意識していたんだい?」という複数の言葉の選択肢があります。どちらの選択肢でも発言することができます。でもB.の選択肢を選んで口から言葉を発したほうがいいに決まってます。いわれたほうも喜ぶだろうし、お金持ちになるコツの一つでも教えてもらえるかもしれませんから。

AとBからBを選ぶのが(選択)。口から言葉を発信するのが(行動)。

ね?会話ひとつとっても、運ではなく選択と行動の結果、自分に返ってくるものは違うんです。

では、現状のあなたはどうでしょうか?

「A.才能や運がなければ起業は成功しない」「B.正しい知識があれば起業は成功できる」という二つの選択肢があなたの中にあることでしょう。

正しい知識があれば起業は成功できると考え(選択)、次世代起業家育成セミナーを購入して視聴(行動)したほうが、人生が良い方向に変わるのではないかと僕は思うのです。なぜなら、この教材の価格はたったの3500円であり、あなたが「起業は無理」と考え映画のDVDを購入するお金で、購入できる金額の教材だからです。

さらに、中身を確認できないあなたのために、1ヶ月間の無条件全額返金保証がついています。

リスクがあるなら迷う価値もありますが、あなたをノーリスクにするための全額返金保証を、教材の提供者である加藤社長が用意しているのです。後から必要ないと判断したら、迷わず返金すればよいだけの話なのです。

2017年08月追記。

朗報です。今まで有料だった次世代起業家育成セミナーが、なんと無料で配布されることになりました。メールアドレスを登録するだけで「次世代起業家育成セミナー特別編の無料視聴」「起業家診断テスト」「次世代起業家育成セミナー特別編の続きのお試し視聴」などを含む、12個のプレゼントを得ることができます!!

あなたが人生を変えたいと思うならば、あなたは行動を変えなければなりません。

ここで、僕の好きな名言を紹介します。

狂気とは、同じことを行い、違う結果を望むことである

そう。あなたが昨日までと同じ行動を取り、違う結果を出すことなど到底できないことなのです。

あなたが人生を変えたいと思うならば、あなたは今日から行動を変えなければなりません。さらにいえば、今、行動を変えなければならないのです。

本ページを閉じて、テレビやYouTubeの情報をインプットしてしまうといつもと同じ人生です。今すぐこの教材で加藤社長が語りかける知識をインプットすることによって、人生は変わり始めます。

しつこいようですが、こういったふとした瞬間にも、あなたは選択と行動に迫られています。

この教材の知識をマスターしたとしましょう。次は、あなたの脳から会社の愚痴を吐き出すのではなく、誰かの悩みを解決する一言を吐き出さなければなりません。

  • 通勤電車に揺られて、大事な人と過ごす時間を失いながら、寿命を迎える人生。
  • 自由を謳歌し、大切な人に囲まれながら、寿命を迎える人生。

どちらの人生になるのかは、あなたの選択と行動次第なんです。

繰り返しになりますが、このセミナーの価格は、たった3500円です。DVD一本分の値段で、あなたの一生を変える知識が身につきます。

映画を視聴するだけでは消費で終わってしまう3500円も、このセミナーに使えば、あなたの人生を変える投資となり、あなたに数億円の利益をもたらすことでしょう。

次世代起業家育成セミナーは無料になりました!

あなたも今日から、”最短で経済的に成功する”という目的意識を掲げ、ビジネスで実践しましょう!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

100円を101円にする次世代起業家育成セミナーはこちらから

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ps.まだ次世代起業家になるか迷われている方へ

私事で恐縮ですが、最近、高校の頃の同窓会がありました。

27歳の同窓会ですから、結婚している人がたくさんいましたし、早ければもう子供が小学生の友人もいました。女子も3割以上は苗字が変わっていましたし、ああいう20代後半の若い男女の集まる場で結婚していない人は、目つきがちょっとギラギラしているんですよ(笑)

そんな中、男子の話題の中心といえばやはり、「仕事」でしょう。

名だたる大企業に就職できた人はそれはもう自慢げ。「若い頃に頑張っておいて良かったぁ」という感情が表情にも出ているわけです。

独身公務員は、未婚の女子からアドレスを聞かれまくっていました。

中小企業に勤めている人も、それなりに自分の選択した人生に満足し、そういった人たちは仕事を頑張らない変わりに若い頃は恋愛を頑張っていて、子どもの成長がこれから楽しみなようでした。

そんな中、M君という高校時代から、ちょっと変わっていた人物が出席していたのです。高校時代からあまり容姿が変わらず、身だしなみにも気をつけていない感じだし、もしかしたら無職かもしれないなぁとちょっと気を使って様子をうかがっていました。すると大企業勤めの同級生が空気を読まずに、

「なぁ、M。今なにやってんの!?(笑)」

みたいな小馬鹿にする感じでM君に話しかけます。(このブログの読者の皆さんもなんとなくその嫌な顔が想像つきませんか?)

すると意外や意外。何とM君はネットビジネスで年収500万以上稼いでいて、アルバイトも2名雇って会社組織として情報サイトを運営しているそうです。これには皆驚きを隠せないようで、一躍大ヒーローのような扱いを受け、M君もまんざらでもない様子でした。

僕は高校時代からM君とは波長が合っていたので、友達が凄くて素直にうれしい気持ちになったのですが、その後M君がトイレで席を立った時、

  • 「稼いでるのは今だけだって」
  • 「ネットなんかで稼いで将来どうするんだろうな」

そんな腹立たしいことを言う輩が何人もいました。いくら嫉妬だからといって、嫉妬を嫉妬と受け流せるほど人間が出来ているわけではありません。

「俺の親友になんてこと言うんだ!馬鹿やろう!」

僕は後先考えず、悪態をついた同級生をぶん殴りました……となれば、ドラマのような展開ですが、隅っこ男子の僕にそんなことできるはずもありません。

「そんなこと言うなよ、胸糞悪いやつやなぁ。イライラ」

そう思いながらも、すべての思考を頭の中で完結させていたところ、急にビビビッと頭に電流が走りました。

「これって人類普遍の法則じゃないか!?」

突然そう思ったのです。どういうことか?

今この瞬間は現代人の同窓会であり、自慢するのは所属する会社の知名度・凄さですが、もしここが原始人の同窓会だったら、僕たちはきっと洞穴(ほらあな)のでかさを自慢していたんじゃないかと思うんです。

大企業に入社したやつは、でかい洞穴を見つけたやつ。もう自慢したくてしょうがない。「ドヤ!これが俺の洞穴や!!」てな感じです。

公務員になったやつは、中ぐらいの洞穴を見つけたやつです。「確かに洞穴のでかさは中ぐらいやけど、このあたりは安全やし、徒歩10分の所に果物の樹がたくさん生えてるから俺ここにするわ!」

こんな感じでしょうか。

中小企業に入社したやつは、それなりの洞穴です。「これくらいの洞穴なら、今年の冬は何とか越せるだろう。」こんなところでしょう。

ここで、あなたに質問したい。

でかい洞穴を見つけたやつ、中ぐらいの洞穴を見つけたやつ、そこそこの洞穴を見つけたやつ。

人類にとって最も正しかったのは誰か?僕が答えましょう。

それは、藁(ワラ)の家を作ったやつなんです。

最初に藁の家を作ったやつは、絶対に変人扱いだったはずです。

  • 「マンモスに襲われたらどうするウホ(笑)」
  • 「台風がきたら台無しウホ(笑)」

そんなことをいわれていたに違いない!この状況。まさに現代人の同窓会で、会社を作ったM君と悪態をつくあいつらとの関係と同じじゃないですか?

かつて、洞穴に住んでいた頃、洞穴の数には限りがありました。その問題を解決するために藁の家を創出し、人が住めるパイを増やす。

何回も試行錯誤し、時には大きな失敗をし、それでもあきらめず頑張った結果、イノベーションを起こし、とうとう竪穴式住居に変化する。それを何度も繰り返した結果、我々人類は安定した住宅を建てられるようになりました。

あなたの住んでいる家も決して洞穴が進化したわけではありませんよね。遠い昔は藁の家だったはずなんです。

大きい会社に入ったやつが偉いんじゃない。大きい会社を作ったやつが偉いんだ!

人類にとって正しいことをしているのは、会社を作ったM君のほうだと僕は思います。

今は零細企業の社長であるMくんも、これからどんどん会社を発展させて雇用のパイをたくさん増やしてほしいなぁ。そう思わせるような同窓会でした。

長くなりましたが、まとめます。

あなたは今、新たなビジネスを立ち上げようとしているかもしれません。それは

あなたの幸福を願う両親にとっては心配なことかもしれませんし

あなたのことを嫌うライバルにとっては憎悪の対象かもしれません

あなたを慕う後輩にとっては、ついていきたい存在かもしれませんし

友人にとっては、酒の肴になるでしょう

ですが、たった一つ、これだけは断言することができます。

あなたが新たなビジネスを創出し、新たな箱を作り出し、ビジネスを発展させ、雇用を増やす。これは

人類にとって正しい!

皆が常識の多数派の中で何の迷いもなく生きている中で、とにかく環境を変えようともがき苦しみ、社会に変化を起こす自分。

そんな自分をもっと尊敬してもいい。そう思います。

新たなビジネスを創出する 次世代起業家育成セミナーの公式ページはこちら

 

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------