失業の不安から逃れるために、ライティング技術を身につけましょう。あなたの人生に必要な3つの柱とは?

会社が傾いている、最近体の調子が悪い。失業してしまったらどうしよう…

  • 今の住宅のローンが払えなくなったらどうしよう…
  • 子どもの教育費は?
  • 高齢なので、転職できないかも。どうして今までスキルを磨いてこなかったんだ

このように自分の仕事がなくなることが現実味を帯びてくると、自分の中に様々な感情が渦を巻きます。

僕も人生で何度も転職を経験していますが、やはり仕事が決まらない期間はどうしようもなく不安になり、その不安な感情が、さらに過去の辛い思い出を呼び起こし、苦しい思いをしてきました。

失業は辛いです。

特に日本人は、自分のプライベートを犠牲にしてまでも、会社の仕事に取り組む人が多く、仕事を失うことは、人生を失うことにつながります。

そうした不安に怯えたまま暮らす、あるいは不安から目を背けて暮らす人も中にはいるでしょう。

しかし、僕の好きな言葉にこんなものがあります。

本当の安定というのは、自分の力で変えられることを、変えようと努力しているときに得られる心の状態のことをいうんだ。

喜多川泰 上京物語より

僕も、数年前まで現実から目を背ける生活を送っていましたが、やはりこのままの状態で40代50代になったとき、なんだかとてつもなく後悔する可能性があると感じ、現実と向き合う覚悟ができました。これからの日本経済の横ばい衰退化から向き合う、失業の不安から逃れる努力を始めています。

今日は、あなたにも、これから訪れるであろう大失業時代に備える方法を、お伝えしたいと思います。

サラリーマン一筋だと、失業とともに収入が0円になる

あなたはなぜ、失業の不安から逃れることができないのでしょうか?それは、サラリーマン一筋だと、失業と共に収入が0円になるからです。

もちろん、現在サラリーマンとしての特別なスキルを磨き、日々の収入額を上げている人は大勢いるでしょう。中には、1000万近く稼ぎ出す人もいるかもしれません。

しかし、そんな大きな収入であっても

  • 会社が突然倒産する
  • 体を壊してしまい、働けなくなる
  • 親の介護で仕事ができなくなる

など、不測の事態で急に収入が0円になる可能性があるのです。

起業家や芸能人のことをみて「彼らのような人間は一時期は良くても、波が激しい。サラリーマンで真面目にコツコツやることが、一番堅実だ」と言いたくなる気持ちはわかりますが、しかしサラリーマンも急に失業してしまう可能性があるので、決して安心できるわけではないのです。

「そんな不安ばかり煽って、俺をどうするつもりだ!起業のようなリスクのあることは、しないからな!」

あなたはそう思うでしょうか?

安心してください。リスク0で、失業の不安から逃れるとっておきの方法があります。

ライターになり、言葉をお金に換える文章力を身につけてください。

収入源が一つしかないと、それを失った時のダメージは計り知れないものになります。下手をすれば、人生崩壊です。

そうならないように、これからあなたは3つの収入の柱をイメージしてください。

一つ目は、サラリーマンとしての給与所得。

日々一生懸命稼いで、定期的な収入を得てください。目標としては、年収300万時代なので、ボーナス込みで月々30万円程度を目指しましょう。

しかし、この収入だけでは失業の不安から逃れることができないですよね?

そこで、二つ目の柱として、ライターとしての仕事を今日から始めてください!

ライターと言うのは、依頼主の依頼に基づいて、雑誌やWEBサイトの記事を書き、その対価としてお金を受け取る仕事です。

「でも、自分には特別な文章力もないから…」

そう考えるあなたでも、大丈夫。

ライターは、小説家のような多彩な文章力を求められません。完結で内容が伝わりやすい中学生でもわかるような文章が書ければ、成り立つ職業です。

あなたがネットで調べ物をする時のことを思い出してください。

  • 内容がないが、文章が彩られているサイト。
  • 内容があるが、文章は簡潔に書かれているサイト。

あなたは、後者のサイトに訪問したいと考えるはずです。

そして数年前から話題になっている、ネット上で仕事を受注できるサイトである、クラウドソーシングなら、好きな時に好きなだけライターの仕事を受注することができます。

クラウドソーシング「ランサーズ」

初心者でも、1文字0.5円ほどであれば、お仕事を受注することができます。

そして、昔は低品質の記事を低単価で依頼されていることが多かったのですが、近年グーグルのアルゴリズムが変更され、品質の低い記事は上位表示されることが難しくなっています。その関係上、上質な記事が書けるライターの需要が増しており、スキルを磨けば1文字1円、1文字2円と単価を上げていくことは難しくないでしょう。

1文字1円で、1日平均3000字を書いたら、一ヶ月で10万円近く稼げます。

起業するのには、人脈や資本金、技術力や営業力など様々なものが必要になり、人を選びます。しかし文章ならパソコン一台あれば、誰でも生産することができます。発明家になって一発当てなくても、起業で成功しなくとも、簡単に収入の柱を作り出すことができるのです。

ライターとして力をつけたら、アフィリエイトサイトを立ち上げ、不労所得構築に精を出しましょう

サラリーマンとしての収入の柱、ライターとしての収入の柱、ときました。あなたがライターとしてある程度クライアントを満足させる文章を書くスキルが身についたと想定します。

その時、あなたは3つ目の柱を立て始めることになります。

あなたを失業の不安から解放する3つ目の収入の柱、それは「アフィリエイト」です。

アフィリエイトとは、インターネット上にWEBサイト(自分の分身となる営業マン)を作り出し、広告収入でお金を得るビジネスのことです。ライターとしてクライアントを満足させる腕があるのなら、その力を使えば、自分自身でも人気のあるWEBサイトを作り出すことは可能です。

そして、毎日1記事ずつでも更新すれば、1年後には365記事が詰まった、大規模サイトにすることができます。そういったサイトを1~2サイト作り出し、集客に成功することができれば、月20万程度の不労所得を得ることができるでしょう。

そう。このビジネスは、あなたが一度だけ書いた文章が、何度もあなたのためにお金を運んでくれるビジネスなので、最初にコツコツ頑張れば、後は定期的なメンテナンスのみで、継続的な不労所得が発生します。

これができれば、急な病気で体が一切動かせなくなった時でも、定期的に収入を得ることができ、失業の不安を取り除くことができるでしょう。

まとめ

もう一度、簡潔におさらいしましょう。

あなたが失業の恐怖から逃れるためには、3つの収入の柱を立てなければならない。

そして、その3つの柱とは、

  • サラリーマンとしての勤労所得
  • ライターとしての副業の所得
  • アフィリエイトの不労所得

でしたよね?

失業の不安から目を背けた先に、真の安定はありません。

本当の安定というのは、自分の力で変えられることを、変えようと努力しているときに得られる心の状態のことをいうんだ。

喜多川泰 上京物語より

これからあなたが3つの収入の柱を立てる努力を始めれば、実際に収入を得る前からあなたの心には真の安定が訪れるのです。

できないかも、なんて悩んだりせず、エイヤッっと行動に移してみてください。今日紹介した新たな収入の柱を立てる行為は、すべてがネット上で完結する話です。

あなたが秘密で行えば、新しいことを始めるあなたの邪魔をしたり、悪口を言ってくる人は一人もいないはずですよ!!

文章力を人生の核にする

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------