心に響く文章の書き方講座:常套句を避けて歩くと、楽しい文章への道が見えてくる

内容はバッチリ。だけど読まれない文章は、個性が足りないのかも?

「はたして、この文章は読んでもらえるのだろうか…」このような悩みはライターにありがちです。

「自信を持ってこの記事を書いたのに、全く反応がなかった…内容は悪くない、ばっちりだ。もしかして、文章が悪いのかも…」

自分の渾身の一作が不発に終わった時、とんでもなく落ち込んでしまい、どうしようもないくらいこれからのことが不安になります。

  • 今のスタイルで記事を大量生産しても、意味がないのではないか?
  • 自分には文章力がないから外注さんにお願いしたほうがいいのではないか?

心の中は渦が巻いているでしょうが、ライバルに負けたくない意志の強いあなたは、とにかく前向きに進みます。

「でも、とにかくやるって決めたんだ!とにかく今は、石にかじりついてでもブログを書くぞー!!」

えっ!?ちょっと待ってください。今、「石にかじりついてでも」って言いませんでした?

常套句を避けて、自分の「観察力」を鍛えよう

あなたがダイエットを教えるブロガーだとしましょう。

たった1日だけでも食事制限を経験させることによって、対象者の生活習慣を変えたいと考えています。そんな時、あなたならどう説得するでしょうか。

「とにかく、今日1日だけは、石にかじりついてでも、ご飯を食べてはいけません!」このような言葉で読者を説得するつもりではありませんか?

石にかじりついてでも、という言葉は「是が非でも」という意味で、ようするに、「何があっても」という意味です。しかし、何があってもということを表現する時に、石にかじりついてでもと表現してしまうのは、あまりにも常套句すぎます。

手垢にまみれた表現なのです(手垢にまみれた、という言葉は手垢にまみれていますw)

すべての常套句を使うなとは言いませんが、安易な常套句はあなたから観察力を奪い取ります。文章からあなたらしさが消えてしまっているのです。

こんな時、僕ならこう書きます。

「とにかく、今日1日だけは、たとえお母さんが551の豚まんを買って来て、コマーシャルと同じように自分以外の家族が一家団欒で楽しそうに食べていたとしても、ご飯を食べてはいけません!

えっ!?食べるんですか??何で?一家団欒の雰囲気をぶち壊したくないから?ふ~ん、じゃあダイエットは明日からなんだね。1日でも早く、理想のあの人に素敵な姿を見せるためにダイエットを決意したんじゃなかったの…。豚が豚まんを食べているところを、好きな人にも見せられるわけ??」

ちょっと気持ちが入りすぎて、めちゃくちゃになってしまいました(涙が止まらない)。

そもそも大阪の人以外は、551の豚まんのCMを知らないかもしれません。

やり直しです。僕ならこう書きます。

「とにかく、今日1日だけは、石にかじりついてでも、ご飯を食べてはいけません!石にかじりつくだけでは足りません。意志にかじりついてください。

あなたは好きな人に好かれなくていいんですか?たった1日の食事制限ができないところを、大切なあの人に見せられるのですか??」

石にかじりついてでもという言葉をあえて使用し、その後に石と意志をかけ、読者の意志、つまりダイエットに成功した後の欲望を刺激しています。

要するに、決まり文句を避けて、再観察してほしいってことなんです。

先ほどの例でも、逆に分かりにくくなっている可能性があるのでもっと簡単に。

美しい花を「美しい花だなぁ」と表現してしまっても、そこには事件性がありません。興味関心を引くことが難しいのです。

そこで

「桜の花はまだ三分咲きだったが、すれ違う高校生カップルの未完成なほほえましい姿と、つぼみが花開く途中の未完成な姿が重なり、ただ満開の桜をみるよりも美しく感じられた。」

といえば、そこに事件やストーリーがあり、関心を引くことができます。

今、文章を書いていてこんな文章も思いつきました。

「太っていても、法律上問題ではありませんし、美しい花を見に行くことはできるでしょう。

でも、太っているあなたが一人で見る花と、理想の体を手に入れたあなたが好きな人と手をつないで見る美しい花では、どちらが美しいのでしょう…」

やはり深く観察することによって、より効果的な文章を書くことができるようです。

いかがでしたでしょうか?他人が普段から使っている言葉は、すでに行き先が決まっているコンクリートの舗装路のようなものです。

一度、徹底的に常套句という道を避けてみてください。

あなたのその観察眼で、他の道がないか探検すると、きっとあなたにとっての言い回しが見つかるでしょう!

文章力を人生の核にする

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------