PASONAの法則で、商品を紹介してみよう。あなたが書きやすいだけでなく、読者にもきっと伝わる!

AIDAの法則に並ぶ、コピーライティング界の文章法則

僕は以前、「AIDAの法則」。それは凡庸なライターが結果を出すための魔法の法則である。という記事で、がむしゃらに文章を書けば良いのではなく、顧客の関心をひき、最大限顧客を行動を促す文章の法則があるということを説明しました。

そして、文章の法則は、これだけではありません。

今日は「PASONAの法則」を紹介したいと思います。あれこれ説明するよりも、今回はこの法則で文章を書いてみますね。

P(problem=問題点の明確化

A(agitation=問題点の炙り立て

SO(solution=解決策の提示

N(Narrow Down=顧客や期間を絞り込み

A(Action=行動への呼びかけ

P.時間をどう過ごしたか説明できない人は、永遠に非生産的な運命にある。お金をどう使ったか把握できない人が、永遠に貧乏な運命にあるのと同じように。

時間が足りない…

長時間労働が当たり前のこの国では、日本全国あちらこちらで、このようなセリフが聞かれるでしょう。あなただって、一度くらいはこんなセリフを吐いたことがあるのではないでしょうか?

では、ここで質問があります。

「あなたは、○○するための時間が、××時間足りない。」と即答することができますか?

時間をどう過ごしたか説明できないと、永遠に非生産的な毎日を送ることになるかもしれません。

A.神は万人に等しく1日24時間という時間を与えたもうたー君の手にしている今日の24時間をどう効果的に使うのか? その収支決算が君の人生である(扇谷正造 評論家)

神は万人に等しく1日24時間という時間を与えたもうたー君の手にしている今日の24時間をどう効果的に使うのか?

その収支決算が君の人生である

(扇谷正造 評論家)

「あいつは、俺より運が良かったんだ…」

自分より経済的に成功した人間に対して、あなたはこのようなセリフを吐きたいですか? そう言ってしまうあなたと、そう言われているライバルは、確かに様々な条件が違うかもしれません。

「家庭環境」「教育」「容姿」「才能」など、理不尽なくらいに生まれ持った差が出てくる要素は存在します。

しかし、唯一、あなたとライバルが平等に与えられているものがあります。それは、時間です。時間だけは、万人に平等に与えられているのです。

この時間をだらだらと使うか、それとも効果的に使うかで、あなたの人生が変わってくることは間違いありません。

ここで一度、「大嫌いなライバル」を頭の中に思い浮かべてください。

僕の嫌いなライバルは、頭の良さ=事務処理能力だと勘違いしていて、人が反論している途中なのにかまわず話を中断して畳みかけるような話し方をしていて、どうしようもないギャグセンスで人に恥をかかせようとする最低のクズ野郎です。

あなたにも当然そういった大嫌いなライバルがいますよね?

しかし、そんな大嫌いなあいつが時間の効果的な使い方をマスターしているがゆえに人生で成功して、自分は時間の効果的な使い方を知らなかったばかりに夢を実現できないまま人生が終わってしまうと、人生死んでも死にきれない。

そうは思いませんか?

SO.社長の社長による社長のための時間管理術。本書は、すべての時間管理本の上位互換である。

btm

あなたにとって人生そのものである時間を失わないようにするために、作られた書籍。それが、「屁理屈なし 社長のための時間の使い方」となります。

マーケティングの大家であり、社長であり、講演家でもあるダン・ケネディが、あなたのためを思って書き下ろした本です。

多忙を極め、また人の上に立つものの責任として、必ず仕事を全うしなければならないのが経営者です。日々マルチタスクをこなさなければならない経営者は、地球上のどの職業より、時間を意識して生活しています。

そういったギリギリの状況で生きている中で生まれてくる、時間管理の発想は、会社員の人生からは見えてこないものばかりです。

例えば、交友関係について書かれた章で、こんな一言があります。

自分でかなりの程度までコントロールできる、最も重要なものの1つが、交友関係-自分の世界に足を踏み入れることを誰に許可するか、自分の時間を誰に捧げるか、または投資するか、誰のアイディアや情報、そして教育を期待するかの選択-だ。

僕はこの一言を見たとき、衝撃を受けたんですね。もしかしたらあなたにとっては何てことのない話かもしれません。

しかし、人から何か言われたら断れない性格だからでしょうか、僕は今まで交友関係について、深く意識することがありませんでした。でたらめな考えで手当たり次第に人と付き合ってきたと言っても過言ではありません。

そんな人間関係ですから、何かの拍子にこちらの気持ちを挫くようなことを言ってくる人間も大勢いました。しかし、そういった人間とも上手く付き合うことが、正しい人間関係だと思い込んでいたのです。

しかし、ダン・ケネディはそれを害だと言い切ります。

別にその友人が悪人だと言っているわけではありません。人々を喜ばせるためのチョコレートケーキも、糖尿病患者にとっては害になるのと同じように、出世欲のない穏やかなあの人も、成功志向の強いあなたにとっては害になるのです。

自分に自信を持ち、自分の人生そのものである時間を誰よりも大切にし、自分の世界に誰が入ってくるのかを許可する!

許可なんです。それぐらい、自分の時間は尊いものなんです。

そんな時間の大切さに気づかせてくれたダン・ケネディに、僕は心から感謝しています。

N.いつ売り切れて絶版になるかわかりません。

上記で紹介した、「屁理屈なし 社長のための時間の使い方」は通常の書店では販売されているものではありません。ダイレクト出版という、インターネットで専門的に販売しているサイトでしか本書を買うことができないのです。

「皆が日経新聞を読むから自分も日経を読む、という考え方では集団から抜け出すことができない」この事実に気がついた人は、ビジネスの本質を身につけるべく、ダイレクト出版を選択しています。

ビジネス書販売を得意としているダイレクト出版ですが、印刷した分がなくなり次第、販売停止になることがよくあります。また、特殊な本ですから、ブックオフのような中古市場で見かけることも皆無でしょう。

ライバルに負けたくないあなたは、これ以上自分の人生を無駄にしたくないあなたは! 即座に購入したほうがよいでしょう。

A.あなたが買おうかどうか迷っている間にも、あなたは貴重な人生を失っている。迷わず買い、いらないなら返品しよう!

それでも購入に二の足を踏んでいるあなたに朗報があります。このダイレクト出版。書店で中身を確認できないという性質上、あなたにとって最高の条件を提示しています。

90日以内に返品すれば、代金は全額返ってくるのです。

これであなたには、リスクがなくなりました。

しかも、この「屁理屈なし 社長のための時間の使い方」には、もう一つ大きな特典があります。本書を読み上げているオーディオブックが無料で付属されているのです。

あなたは本書を読む必要すらなくなりました。通勤電車の中でこれを聞けば、あなたは知らず知らずのうちに、効果的な時間の使い方をマスターして、この世界を要領よく生きられるでしょう。

僕は常々、情報は脳の栄養であると考えてきました。カップラーメンばかり食べている人が体を壊したら、誰だって自分のせいだと気がつくはずです。その理屈でいくと、普段2ちゃんねるのまとめサイトや、暇つぶしにしかならないテレビやネットの情報しか脳に入れない人間の人生が好転するわけがないのに、それを政治のせい景気のせい他人のせい、にしてしまう人間の何と多いことか…

僕はそんな人間になりたくありませんし、あなたにもそんな人間になってほしくないと、心から願っています。

性格は死の1日前まで変えられると言ったのは心理学者のアドラーですが、人生は今この瞬間からでも変えられると、僕も思います。

もしもあなたが

  • 経済的に成功する
  • 建設的な会話ができる友人を100人作る
  • 自分らしく生きる

などの目標を掲げた場合、そこに意識と行動を向けなければ死ぬまで実現することはありません。そして、行動に移すためには、時間の確保が必要となります。

より多くの目標を実現して幸せな人生を送るために、これから何を始めるべきか?

賢明なあなたなら、もう理解しているのではないでしょうか。

btm

文章力を人生の核にする

------------------------------
当サイトのコンテンツ一覧はこちらから
「成功思考を手に入れる」はこちらから
「お金のリテラシー向上」はこちらから
「小規模起業家養成講座」はこちらから
「無職はチャンスである」はこちらから
「文章力を人生の核にする」はこちらから
「雑記・思索集」はこちらから
------------------------------